中高音用のホーンの変更

Parts Expressのホームページを見ていますと、今使っているBMSの中高音ドライバーに使えそうなホーンがありましたので、注文してみました。

周波数特性も指向特性もなかなか良好です。
b0052286_12525475.jpg

b0052286_1253233.jpg


注文して11日目に、ようやく届きました。

DenovoAudio SEOS-12 で値段は34.39ドルと安いホーンです。アルテックの2孔ドライバー、JBL等の3孔ドライバー、付属のアダプターを使えば、MBS等のねじ込み式のドライバー等、1インチスロートのほとんど全てのドライバーが使用できます。
b0052286_1121436.jpg


ホーンの取り付け部
b0052286_1123729.jpg


アダプターをつけると
b0052286_11234852.jpg


BMS4540を装着したところです。
b0052286_11245521.jpg


中低音ホーンの開口部に取り付けました。
b0052286_11253450.jpg


上にある音研のホーンとエラックのリング・リボンTWは、とりあえずお休みです。
by katyan4 | 2015-04-30 11:26 | 装置・スピーカー | Comments(0)

 845 シングル真空管アンプをとりあえず設置してみたのですが、フィラメントの光がスクリーンに反射してしまい、気になりますので、設置方法を変更してみました。
 一番上の棚に置いていたのですが、一つ下に置くことにしました。
巨大な真空管ですので、棚の高さを高くする必要がありましたので、棚の脚の高さを17cmから23.5cmのものに変更しました。
b0052286_893447.jpg


発熱が多い845の上に当たる所には、アルミ板を接着しました。熱の反射と放熱と棚板を熱から守る目的です。
b0052286_8151095.jpg


アルミ板と棚板との間は、空気層を、真空管との間は5mm程度しかありません。棚板はあまり熱くならなく、発火の心配はないように感じます。
b0052286_8121093.jpg


スクリーンへのフィラメントの反射はほぼ無くなりました。
b0052286_8142144.jpg

by katyan4 | 2015-04-29 08:16 | 装置・アンプ | Comments(3)

 エレキットの真空管アンプを中高音用に使ってみて、良い印象でしたので、中低音用にも真空管アンプを使ったら良いのではないかと考え、中国製の845シングル真空管アンプを購入しました。
 中国製の真空管アンプは余り評判の良いものが少ないようですが、安いのでポチット買ってしまいました。高○真○管さんには笑われそうですね。

巨大な真空管は迫力十分です。
b0052286_2219459.jpg


二重のダンボールで緩衝材でしっかりと梱包されて到着しました。
b0052286_22211950.jpg


入出力端子は金メッキで、スピーカー端子もしっかりしたものです。
b0052286_22221261.jpg


裏蓋を外して配線を見ました。トランジスターアンプと比べるとシンプルなものですね。
b0052286_22231479.jpg


845真空管はこの様な大きな箱に入っていました。
b0052286_2224242.jpg


まずは、16cm2WAYのスピーカーで鳴らしてみました。エレキットに比べてよりしっかりした音で、大音量にも音の崩れや歪は感じませんでした。値段の割にはなかなか良いようです。

スペックは

出力 12W×2
20Hz~30kHz
外形寸法 290×44×200mm
真空管 845×2 6N8P×2
重量 20kg
電源電圧 100V
消費電力 250W

 BMS4592MD中低音用ドライバーに接続してみました。心配だったノイズもホーンの開口部に頭を突っ込んでも聞こえませんので大丈夫です。
 
 音も第一印象として改善されたと思います。しばらく微調整をしながら検証してみましょう。
 
 一つ問題がありました。フィラメントが明るいので、スクリーンに結構明るく反射します。どうしましょう。
b0052286_2232322.jpg

by katyan4 | 2015-04-24 22:38 | 装置・アンプ | Comments(4)

CD
b0052286_22584650.jpg


白石さんのサイン入りです。
b0052286_22585987.jpg


一昨日の夜、砥部文化ホールで、白石幸司(クラリネット)と佐久間和(ギター)のデュオ・コンサートがありました。その時販売されていたCDです。クラリネット、ギター、ピアノ、ベース編成の演奏です。

 クラリネットの白石さんは、松山市出身で松山南高等学校のブラスバンド部でホルンを演奏していたそうですが、現在はクラリネットで活躍されている方です。

演奏会はクラリネットの美しい音色とギターの素晴らしいテクニックでとても楽しめた演奏会でしたが、このCDも演奏も録音も優秀です。
by katyan4 | 2015-04-23 23:08 | 今日の一枚 | Comments(0)

6L6GC真空管アンプ・エレキットのTU8200を中高音用ドライバーBMS-4540NDに接続して2000Hz以上を受け持たせて音を出してみました。
b0052286_20515786.jpg


BMS-4540ND はネオジウムマグネットを使った、小型ですが非常に高能率(114db/W/1M)なので、ノイズが一番心配でしたが、耳を近づけてもノイズは全然聞こえませんでした。TU8200の電源部がノイズに気をつけた設計なので、ノイズが少ないのでしょうね。
b0052286_20572467.jpg


同じEMSの中低音ドライバーBMS 4592ND-MID+エールの折り曲げホーンを2000HZまで使いましたので、オンケンの中音ホーンは使わないことにしました。真空管の音をしっかりと確かめたかったからです。

音は高音に少し艶が乗った感じの聞きやすい音が第一印象です。ドライバーが高能率なので大音量でもパワー不足は感じなく、真空管アンプとトランジスターアンプの組み合わせの不自然さは今のところあまり感じないようです。

この連休には、中高音用のホーンをもう少し低いところまで使えるものに変えてみたり、RYOさんの真似をしてハイパスLCフィルターを使ったりして楽しんで見ようと思っています。
by katyan4 | 2015-04-22 21:08 | 装置・アンプ | Comments(2)

エレキットのTU8200のキットを購入して、50年ぶりにアンプを作ってみました。

部品はこの様に抵抗、コンデンサー、IC、Tr、ダイオード、真空管、プリント基板、ケースと沢山有ります。
b0052286_2310723.jpg


昔取った杵柄で、プリント基板に小さな部品をハンダ付けしていきます。完成したUNT-1基盤です。
b0052286_2311483.jpg


UNT-2基盤は電源SW、イヤホーンジャック、ボリューム、入力切替
b0052286_23134515.jpg


UNT-3、UNT-4、UNT-5は、入出力基盤で、立体的に組みあがります。
A面
b0052286_23151230.jpg

B面
b0052286_23153116.jpg


UNT-7基盤は、電源入力用で、100V、115V、200V、230Vの電源電圧に切り替え可能です。
b0052286_23174927.jpg


UNT-1以外の基盤と出力トランスを取り付けます。8Wのシングルですから、小さなトランスです。
b0052286_23193270.jpg


電源トランスを取り付けます。
b0052286_2320153.jpg


UNT-1基盤を取り付けてほぼ完成です。
b0052286_23211065.jpg


ケースを取り付けて完成。真空管を差し込みます。
b0052286_23215059.jpg


SWを入れると、真空管のフィラメントが赤く光ります。
b0052286_23224429.jpg


真空管アンプなのですが、電源は定電圧電源、フィラメントも直流電源、バイアスも自動調整と新しい技術が使われており、ノイズは非常に少ないようです。信号増幅回路は完全に真空管回路なので、古い真空管アンプの弱点を少なくしてあるようです。

詳しい組立説明書が付いていますので、説明書通りに作成するとあまりトラブルなく完成しました。

部品のネジ類が少し余りましたが、欠品は有りませんでした。

音は、真空管らしい少しツヤのある音で、安いCALSSIC PRO CS-6(16cm 2WAY)で鳴らしてみましたが、結構大きな音でも大丈夫、安心して聴ける音でした。
by katyan4 | 2015-04-19 23:33 | 装置・アンプ | Comments(4)

Blu-Ray Disk
b0052286_2229788.jpg


 今まで見た戦争ものの映画は、戦争の勇ましさや勇気など、美化する要素が少しは含まれていたと思いますが、この映画は戦争の残虐さ、非常さ、異常さなどを前面に押し出したような映画でした。

 画像は「MASTERED IN 4K]」で処理されており、SONYのビデオプロジェクターVPL-W1100ESで再生すると4Kの解像度で写り、とても繊細で迫力いっぱいに見えます。

 音も戦車のエンジン音や大砲の重低音など、爆音で再生すると耳鼻れました。
by katyan4 | 2015-04-05 22:30 | 今日の一枚 | Comments(0)

爆クラ!

爆クラ! Vol.1 RAVE CLASSICS  湯山玲子 選曲 CD2枚組
b0052286_2130388.jpg


ライブハウスのPAスピーカーを使って爆音で楽しみたいクラッシク音楽を、湯川玲子さんが選曲したアルバムだそうです。

b0052286_21362086.jpg


曲の解説は、湯山玲子さんと鈴木淳史さんの型破りな対談形式の小冊子が付属しています。

爆音で聴くと快感を覚えるような曲が多いのですが、中には弦楽四重奏やオーボエの独奏曲のような爆音再生は?の曲も入っていますが、それを爆音で聴くと生演奏とは全然違った新鮮な感覚を感じました。

面白いアルバムです。Vol.2 もでるようです。
by katyan4 | 2015-04-04 21:43 | 今日の一枚 | Comments(3)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて