「ほっ」と。キャンペーン

 チャンネルデバイダーは長い間、BEHRINGERのDCX2496改(デジタルアウト可能)を使っていましたが、なにか音が大人しすぎるのが気になり出しました。耳が悪くなったせいがあるのかもしれませんが、チャンデバからパワーアンプをアナログに変えてみることにしました。
 
 うまくゆくかどうか分かりませんので、最小限のコストしか掛けないことにしました。
選んだチャンデバはBEHRINGER CX3400 Super-X Pro(10800円)です。

スペック上は使えそうです。

■ステレオ2/3WAY、モノラル4WAY
■24dB/oct、リンクウィッツ・ライリー・フィルター
■均一なアンプレスポンスと位相差ゼロを実現
■各出力に個別リミッター、位相変換スイッチ
■ドライバー間の位相アラインメント用調整可能タイムディレイ
■「Low Sum」機能でサブウーハーモノラル出力
■ノイズ干渉を最小にするシールドトロイダル電源トランス
■低指向性ホーン用に切替可能EQ
■高品質なパーツ類と非常に堅牢な構造による高い耐久性
■スペック:サーボバランス入出力
■コネクター:XLR
■入力インピーダンス:50kΩ/バランス、25kΩ/アンバランス
■最大入力レベル:+22dBu
■出力インピーダンス:60Ω/バランス、30Ω/アンバランス
■最大出力レベル:+20dBm
■バンド幅:20Hz~20kHz
■周波数レンジ:5Hz~90kHz
■ダイナミックレンジ:106dB
■ヒューズ:100-120V~:T630mA H、200-240V~:T 315mA H 
■サイズ(WxHxD):482.6W×44.5H×217Dmm、1U
■重量:3.0kg
b0052286_18212072.jpg


上フタを開けてみると、一見電源トランスだけしか見えませんが、前面(操作面)と後面(入出力)に細長いプリント基板が有ります。
b0052286_18215323.jpg

b0052286_1822482.jpg


中低音のクロスは約220Hz、中高音のクロスは約700Hzにしました。位相切り替えも可能ですし、高音はディレイも掛けれますので、デジチャンほど細かい設定は出来ませんが、良く出来ています。

低音用のアンプはCLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CP4200(47800円)を使いました。
4CHアンプですので、ヤマハのウーファー4本を一台づつ駆動することにしました。ファンはついているのですが、ファンノイズが非常に少ないのでリスニングルーム用にも使えるのです。

中音用にはBEHRINGER ( ベリンガー ) / A500(20800円)を使います。自然空冷なのでファンノイズが有りません。

高音用には真空管アンプ(845シングル)を使いました。
b0052286_18362447.jpg


パワーアンプから中音と高音ドライバーへの配線はCANARE ( カナレ ) / 4S6 Gray (1m70円)を使いました。
b0052286_18472451.jpg

パワーアンプは持っていた物を使いましたので、実質1万円と少しのコストでした。
b0052286_19133778.jpg


3WAYでの周波数特性です。
b0052286_18411966.jpg

ホーンの特性で高音がダラ下がりですが、高域難聴のワタクシの耳には十分高音が伸びているように感じ、クラッシックにはこの特性で良いように思いました。

このチャンデバには高域ダラ下がりのホーンの特性を補正するSWが付いています。
b0052286_18433429.jpg


このSWを押すと、高域のダラ下がりが補正されます。
b0052286_18444637.jpg


この特性で聞くと、打楽器系の音は迫力十分に聞こえますので、デモ用には効果的です(笑)。

昨日のOFF会は、このSWが入っていましたので、今までの音との違いにびっくりされたようです。
by katyan4 | 2015-05-17 18:47 | 装置・アンプ | Comments(1)

道後の裏山ハイキング

 今日は、天気も良く、特にすることもないので、道後の裏山をよちよちと登ってきました。

私の家から道後方面に歩き、道後の手前を左手の山の方に向かうと、松山藩主のお墓がある常信寺の前に出ます。
b0052286_2114579.jpg


少し登って道後の方角を見ると
b0052286_21155729.jpg


人家は全然無いのですが、山の中に突然有料駐車場の看板が。借りる人があるとは思われませんが・・
b0052286_2118125.jpg


道後の街並みが小さく見え出しました。
b0052286_2120585.jpg


急斜面の竹やぶです。
b0052286_21205278.jpg


大きくなりすぎた筍。
b0052286_21212636.jpg


不法投棄は犯罪です。5年以下の懲役または1000万円以下の罰金。監視カメラは探してみましたが、有りませんでした(笑)。
b0052286_21235925.jpg


ようやく、瀬戸風峠にたどり着きました。
b0052286_21245888.jpg


記念にスタンプを押すことができます。押す紙が有りませんでした。
b0052286_21255617.jpg


道後平ニュータウンです。新しい綺麗な家が立ち並んでいました。
b0052286_2127251.jpg


松山の市街が一望できます。
b0052286_21273962.jpg


松山城もよく見えます。
b0052286_21281311.jpg


広い子供の遊び場、山もあります。
b0052286_21291546.jpg


隣の道後ゴルフ倶楽部でプレイをする人。
b0052286_2130246.jpg


瀬戸内海も見えます。
b0052286_21303270.jpg


道後平ニュータウンンの入口の看板です。
b0052286_21312882.jpg


懐かしい?IDAIJOの看板、今は営業していません。
b0052286_21455355.jpg


白水台までたどり着きました。坂道を下っていくと我が家です。
b0052286_21331892.jpg


このあたりはみかん山が沢山あります。新しい品種のみかんを植えているようですね。
b0052286_21344439.jpg


途中に有る、藻がいっぱいの池に、鷺がいました。
b0052286_21355486.jpg


黄色の花も咲いています。
b0052286_21362080.jpg


オーバーハングの歩道を下ってゆきます。
b0052286_21365658.jpg


ようやく、我が家のある団地の入口に帰り着きました。
b0052286_21373580.jpg


約2時間のハイキングでした。
by katyan4 | 2015-05-06 21:38 | 松山の風景 | Comments(0)

今日の55枚 ハイブリットSACD版
b0052286_115479.jpg


この機会を逃すと、二度と入手不可能になるかもしれない貴重な全集なので、大枚をはたいて購入しました。

しばらく待ってようやく到着して、早速DISK1ミュールハウゼン時代の3つのカンタータを再生(サラウンド)してみますと、私の耳には歪みだらけに聞こえるではありませんか!!!

高域難聴が進み、また高域の音がひずみっぽく聞こえ始めたのかもしれませんが、これをきっかけに、システムの再構築が始まりました。

パワーアンプを真空管に変更したり、ホーン、ドライバーの変更など試行錯誤が始まりました。

昨日、RYOさんが訪問された時には、中高音をONKENのホーンシステムを845シングル真空管アンプで駆動して聞いてもらいました。ある程度まとまった音になり、このSACDもあまりひずみっぽく聞こえなくはなっていたのですが、もう一つピリっとしません。

今日は、山本工芸のホーンとRADIANのドライバー760PBを引っ張り出して接続してみました。
b0052286_1119882.jpg


前回、この組み合わせの音は、端正な音は出ていたのですが、面白みが少ない(色気のない)感じでした。
真空管アンプと組み合わせつとまた一つ違う感じが出るのではないかと思ったからです。

b0052286_1121211.jpg


見てくれも少し良いようです。

音も良くなったようで、歪みだらけに聞こえたこのSACDがとても綺麗に聞こえています。
by katyan4 | 2015-05-05 11:22 | 今日の一枚 | Comments(3)

 この二日間、LCハイパスフィルターと新しいホーンを使って色々調整しましたが、どうしても気に入った音にはならず、この試みは失敗と判断し撤去しました。

結局元に戻して、エレキットの6L6真空管アンプも撤去、845真空管アンプをオンケンに接続して700Hz~8kHzを受け持たせることにしました。8kHz以上はELLACのリングリボンTWに受け持たて、どうにか聴ける音になったかな?

最終特性です。
b0052286_2048137.jpg


 845真空管アンプに700Hz以上を受け持たせたのには、理由があります。中低音(215~1.6kHz)を受け持たせると音響フィードバック?中低音ホーンの能率が高いためか、数百Hzでハウリングを起こすことがあるからです。
by katyan4 | 2015-05-03 20:55 | 装置・スピーカー | Comments(0)

ホーンと一緒に、Parts ExpressにEminence PXB:1K6 High Pass Crossover Board を注文し、ホーンと一緒に届きました。一個29.99ドルでした。
b0052286_6424540.jpg


Highlights

Crossover type: High pass, board only
High pass frequency: 1,600 Hz, 18 dB/octave
Power handling: 400 watts RMS
Made in the U.S.A.

中高音にこのハイパスLCフィルターを接続した時の特性を周波数特性を計測しました。

フィルターを使わない時の中高音の特性です。
b0052286_6583965.jpg


デジタルフィルターDCX-2496(ハイパス1.6kHz/18db/oct)の特性です。
b0052286_711655.jpg


LCハイパスフィルターの特性です。
b0052286_73232.jpg


デジタルとLCフィルターの特性を重ねて見てみると
LCフィルターを約5db下げて表示してあります。
b0052286_744899.jpg


ハイパスフィルターを使った時の中低音+中高音の特性です。
b0052286_764756.jpg


低音を加えた時の特性です。
b0052286_774279.jpg


8kHz以上が減衰していますので、ELACのリングリボンTWを加えた時の特性です。
b0052286_713857.jpg


高域難聴の私には違いがほとんどわかりません(苦笑)

LCハイパスフィルターを使ってみたのは理由があります。同じようにハイパスフィルターを使われているRYOさんのところで聞く、金属系の打楽器の音がすごく生々しく迫力がある音なのです。私のシステムでは、逆立ちをしても出ない音なので、LCハイパスフィルターを使ったら、少しは近い音が出るのではないかと考えたわけです。

その効果は?

まだまだRYOさんのところの音にはかないませんが、少し近づいたような・・・・・・
by katyan4 | 2015-05-01 08:39 | Comments(1)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28