「ほっ」と。キャンペーン

黒田映季さんのコンサートの予告は前のこのブログに掲載しました。9月4日(金曜日)に砥部文化会館であります。
黒田映季 with N饗奏者

今日の松山ロータリークラブのゲスト卓話はこの黒田さんでした。
b0052286_15533562.jpg


彼女は、国際ロータリー財団の2009年~2010年奨学生でドイツに留学された方です。松山東高等学校から桐朋学園卒業されています。

今日の卓話は、ユーモアを交えた楽しい話を聞かせていただきました。残念ながらピアノ演奏は有りませんでした。彼女の演奏は4日の演奏会で楽しみましょう。

その時に分かったのですが、4日の演奏会だけでなく、5日にもチャリティコンサートが道後の宝厳寺であるのだそうです。

宝厳寺は一遍上人が生まれたところにありますが、2年前に火事で消失し、現在再建中なのだそうです。再建費用の一部にでもとのことでチャリティコンサートをすることになったようです。

プログラムは4日と一部重複しますが、ほとんどが別の曲なので、自転車を漕いで聴きにゆこうかなと思っています。
b0052286_1693965.jpg

b0052286_1695232.jpg

by katyan4 | 2015-08-25 16:12 | 音楽会 | Comments(5)

ZAOLLAオーディオケーブル

 ZAOLLAのオーディオケーブルは、芯線に99.9997%純銀導線を使ったケーブルで10年くらい前に一度使用したことがあります。一箇所に使ったときは、高域の音色がとても美しくなりましたので、これは素晴らしいと思い、大枚をはたいて、全経路をこれに変更したことがあります。結果はひどい音になりました。 香辛料は適量使うと味が良くなりますが、使いすぎるととても食べられない味になるのと通じるところがあるのでしょうね。
 もう一つ欠点がありました。RCAプラグ(オス)の中心のピンの長さが短く、アキュフェーズのアンプやチャンデバで接触不良となるのです。サウンドハウスのZAOLLAの商品説明に気に入らなければ、返品に応じると書いてありましたので、1ペアを残して返品しました。

最近、残していたZAOLLAをKORG DAC-10 のアナログ出力に使って、なかなか良い音に感じましたので、3フィート(90cm)のデュアルケーブルを2本注文しました。

ZAOLLAの構造はこのようになっています。
b0052286_21183249.jpg

芯線は99.9997%純銀導線の単線でシールドは無酸素銅を使ってあるようです。

中心のピンの長さは古いタイプより長くなっており、接触不良などのトラブルは無いようです。
b0052286_2121171.jpg

真ん中が古いタイプ、両側が新しいタイプです。

マイナス部はどちらも8分割されています。左側が古いタイプ、右側が新しいタイプ
b0052286_21225337.jpg

古いタイプはコネクターカバーを閉めることでマイナス部を締めつけるようになっていましたが、新しいタイプはそれが無くなり、代わりに厚くなって、抜けにくくしてあるようです。

コネクターカバーを外してみますと
b0052286_2128304.jpg

下が古いタイプ、上が新しいタイプです。どちらもしっかりした構造でハンダ付けも綺麗です。

KORGのDAC-10のアナログ出力と、フォノイコのアナログ出力に使ってみようと思っています。気に入った音になれば良いのですが。
by katyan4 | 2015-08-23 21:35 | 装置・その他 | Comments(2)

黒田映季 with N饗奏者

 松山出身のピアニスト黒田映季さんとN饗の若手奏者の演奏会が9月4日に砥部文化会館ふれあいホールであります。
b0052286_1037273.jpg

b0052286_10374083.jpg


 黒田さんは、松山ロータリークラブの推薦でロータリー財団の奨学生となり、ドイツに留学し研鑽を積まれた方で、とても優秀なピアニストです。ヴァイオリンの丹羽洋輔さんとチェロの宮坂拡志さんはN今日の新進気鋭の若手奏者なので、良い演奏が聴けるのではないかと期待しています。
by katyan4 | 2015-08-05 10:42 | 音楽会 | Comments(0)

 今日は朝の9時から、OFF会でした。
大阪の高圧真空管さん、京都から京都のまつさん、宮崎から山本山さん、少し遅れて松山から参加されたのはKuniさんです。
b0052286_18353542.jpg


皆さん年季の入ったマニア(オタク?)の方ばかりです。

デジタルチャンデバとデジタルアンプを使った6wayマルチアンプから、アナログチャンデバと真空管アンプを使った3wayマルチアンプに変更した音の違いを聴いていただきました。

出来るだけ音が良く聞こえるソースを準備して聞いていただきましたが、高域難聴の耳で調整した音ですから、耳の良い方達の耳にはどう聞こえたのか疑問ではあります。

最後に大砲の音で吃驚させようと、「マスター・コマンダー」を再生したのですが、音声をDTS-ESに設定できていなかったので、迫力のない音!!
もう一度DTSーESに設定し直して再生して、ようやく期待した音が出て安心しました。

皆さん、酷暑の中、遠距離よりご苦労さんでした。松山で計5箇所も回られたようですが、どこかで収穫が有ったら宜しいのですが。
by katyan4 | 2015-08-02 18:49 | オタクのオタク訪問 | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28