「ほっ」と。キャンペーン

今日は一日工作デイ 2.

今日も一日工作デイでした。

まず、ドライバーを入れる箱を作ってみました。
20cm×20cmの板を使って作りました。
こんな感じです。ウルトラ・ショート・ホーンが取り付けてあります。
b0052286_23213016.jpg


特性は
b0052286_23335253.jpg


あまり良くありません。

思い切って箱を諦めて、ドライバーをほとんど裸の状態で使うことにしました。

こんな感じです。
b0052286_7334710.jpg

特性は
本来のホーンを取り付ける開口部はオープンのままです。
b0052286_23343161.jpg


ホーンの取り付け開口部を塞いでみますと
b0052286_23262339.jpg

音の反射が入るためか特性が暴れます。

ホーンの取り付け開口部をセーム革10枚程度で塞いでみますと
b0052286_23275679.jpg


セーム革3枚で塞いでみますと
b0052286_23282555.jpg

このあたりが良い感じです。

最後にセーム革3枚で塞いだときの歪特性です。
b0052286_23291556.jpg


1kHz以下の歪は増えていませんので、ホーン無しでも使えそうです。
by katyan4 | 2015-09-23 23:35 | 装置・スピーカー | Comments(0)

CD 英雄の生涯 大植英次&ミネソタ管弦楽団

HVIから「高音質リファレンス・CD」とのメールが来ていましたので、一枚買ってみました。ポイントが貯まっていましたので、0円でした。

b0052286_1184982.jpg

b0052286_119076.jpg


これは、推薦できるCDです。音質も演奏もとても素晴らしい一枚でした。他のCDも買ってみようと思います。
by katyan4 | 2015-09-23 11:15 | 今日の一枚 | Comments(0)

今日は一日工作デイ

 午前中にディックへ行き、板材を仕入れてきました。
MDF材20cm×20cmの板、12mmと9mmのものです。
b0052286_22421945.jpg


電動糸鋸を何年かぶりに引っ張り出して、穴あけです。
b0052286_22433787.jpg


穴あけ完了。
b0052286_22444810.jpg


穴を開けたばかりの9mmの板を重ねて簡易的なホーンの形にして特性を撮ってみました。
b0052286_22455779.jpg

b0052286_22461512.jpg


1kHzが10db持ち上がった特性になり、9mm×3=27mmのショートホーンはあまり良くないようです。

20cm×20cmの板を取り付けた特性は
b0052286_22491232.jpg

b0052286_22564823.jpg


周囲に板を並べて、バッフルを大きくしてみますと
b0052286_22501558.jpg

なかなか良い特性になります。

9mmの板を丸鑿でザーと削って、ウルトラ・ショート・ホーンにしてみますと。
b0052286_22514635.jpg

b0052286_22515818.jpg


終わりに板を取り付けない、裸の特性です。
b0052286_22525651.jpg


一番素直ですね。
by katyan4 | 2015-09-22 22:57 | 装置・スピーカー | Comments(0)

 今日は連休の初日。実は東京へ孫達の顔を見に行く筈だったのですが、金曜日の午後から急に脈が乱れ出しました。心房細動なのですが、ホッておくと心臓に血栓が出来て脳梗塞になることもありますので、早速、市民病院の循環器内科を受診しました。心房細動が起きたばかりなので除細動を試みてもらいましたが、残念ながら除細動は効果なく、内服薬を飲んだ上で、土曜日にもう一度除細動を試みることにしました。そのようなわけで、東京へ行くのは諦めて、飛行機とホテルをキャンセルしました。
 土曜日に目が覚めてみますと、不整脈は完全に消失していました。念の為に循環器内科を再受診し、内服薬を出していただいて、しばらく様子を見ることになりました。

やっぱり歳ですね!!

 そのようなわけで、今日から4日間はお休みで、何も予定がありません。
という訳で、先日toyo-tさんが行っておられた、ホーンドライバーの裏蓋を外してドーム型スピーカーとして使っておられた試みを、検証することにしました。

私の持っていて使っていないホーンドライバーのうち、4インチ(10cm)の振動板のRADIAN 960PBを引っ張りだして、特性を計測してみました。
b0052286_1710972.jpg


本来、ホーンを取り付ける開口部からの音が干渉しないように、座布団の上に置き、まずは約50cm正面の特性です。
b0052286_17211231.jpg

b0052286_17134365.jpg


約30度正面から外れた特性です。
b0052286_17212621.jpg

b0052286_17142551.jpg


結構良い特性で、ホーンを付けた場合より素直な特性です、1K~8Kで使えそうです。

おまけにホーン取り付け部にホーンを取り付けない場合の特性です。
b0052286_1719278.jpg


デコボコの多いあまりよくない特性ですね。
by katyan4 | 2015-09-20 17:19 | 装置・スピーカー | Comments(2)

CD

一昨日、佐藤卓史(p)の演奏会で売っていましたので、買って帰った一枚です。
佐藤さんのピアノの演奏が素晴らしかったのと、平成19年度の文化庁芸術賞レコード部門大賞を受賞しているとのことで、期待して聞きました。

b0052286_20375277.jpg

b0052286_2038243.jpg


芸術賞レコード部門大賞を受賞しただけあって、素晴らしい演奏でした。録音もヴァイオリンとピアノの音が生々しく再生され、二人が目の前で演奏しているよう聴こえました。

お二人共佐藤姓ですが、兄弟ではないようです。顔つきが全然違います(笑)。
by katyan4 | 2015-09-14 20:41 | 今日の一枚 | Comments(0)

 5-6日前に、toyo-tさんからメールが来ました。JBLのホーンドライバー2440のバックカバーを外して、振動板をむき出しのままドームスピーカーとして使い、好結果が得られたとのことです。
 独創的な試みには興味がありましたので、今日訪問してきました。

b0052286_21221520.jpg


超低音46cmコーン、低音を30cmコーン、中低音を16cmコーン、中音を2440ドーム型使用。高音をホーン(RADIAN)、超高音をホーン(エール)の6wayです。写真のようにコンパクトにまとめてあります。

話題の2440ドーム使用です。
b0052286_21262884.jpg


振動板は新しいものに交換しているそうで、ピカピカと光り輝いています。
b0052286_21321056.jpg


パワーアンプはアムクロンと超小型のデジタルアンプで、デジタルアンプを超低音と低音に使われているそうです。

 音は、今までで一番良い音が出ていました。充実したピアノの響き、透明感のあるオーケストラの弦の音、よく伸びた低音と、申し分のない音でした。
 
 次は高音のドライバーですねと言うと、いま計画中だとのご返事でした。

次の改良が楽しみです。
by katyan4 | 2015-09-13 21:36 | オタクのオタク訪問 | Comments(0)

 例年であればまだ暑い季節なのですが、涼しくなってしまって少し時期はずれにも感じましたが、今日は納涼会。車椅子で移動できる患者さんと家族の方が沢山参加していただきました。

 雨が降っても良いように、天井のある駐車場を使いました。天井には提灯を釣って雰囲気を出したつもり。
b0052286_2061795.jpg

b0052286_2063851.jpg


焼きそば、チキンナゲット、ソーセージ、たこ焼き、氷など、無料です。
b0052286_208687.jpg


焼きそコーナーは、北条高校の生徒さんたちが、ボランテアで参加してくれていました。
b0052286_2093534.jpg


手作りのお菓子とパン、おやき、手芸品が格安で販売されいます。
b0052286_2011317.jpg

b0052286_2011477.jpg


皆さん笑顔いっぱいでした。
b0052286_20124313.jpg

b0052286_2013378.jpg

b0052286_20131848.jpg

b0052286_20135010.jpg

b0052286_20141050.jpg

b0052286_20142777.jpg

b0052286_20144263.jpg


可愛いお孫さん(ひ孫さん?)たちも
b0052286_20154825.jpg

b0052286_20161668.jpg


太鼓と歌の演奏がありました。
b0052286_201747.jpg


動画もあるよ

by katyan4 | 2015-09-05 20:18 | 色々なこと | Comments(0)

Behringerのアナログチャンデバ SUPER-XPRO CX3400をもう1台購入して、4WAYマルチアンプ構成にし、エラックのリング・リボンTWを接続することにしました。このTWを窓から投げ捨てるべきかどうかを確かめるためです(笑)
b0052286_195064.jpg

CX-3400を2台重ねにして、それぞれモノラル4WAYの設定にします。

エラックのリングリボンTWを約8kHzローカットの特性はこのようになります。
b0052286_19142740.jpg

この特性で音を出しても、私の耳にはほとんど聞こえませんでした。やはり投げスれなければいけないのでしょうか・・・・・

4WAYの右CHの特性です。
b0052286_19161146.jpg


4WAY左CHの特性です。
b0052286_19165767.jpg


4WAY両CHの特性です。
b0052286_19243119.jpg


高域は綺麗に20kHzまで伸びています。

音を聞いてみますと明らかに3WAYの音とは異なって聞こえます。高音の荒々しさが少なくなり、高音を低下させなくても、クラッシックが楽しめるようです。

エラックのTWを投げ捨てなくても良いようです。

AVーAMPの補正回路を働かせて広域を約2db低下させる User Referenceの特性です。
b0052286_1921311.jpg

by katyan4 | 2015-09-05 19:22 | 装置・その他 | Comments(1)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28