「ほっ」と。キャンペーン

 このところ高域難聴が進んだためか、高域の音が美しく聞こえなくなりました。これまではトランジスターアンプによるデジタル伝送マルチアンプ方式を行っていましたが、諦めて、高齢者にふさわしいかもと思い、真空管式のマルチアンプ方式に切り替えました。これからあまり長くは働けないだろうし、孫の教育費にも少しは蓄えを残さなくてはいけませんので、中華アンプや自作アンプなどでエコノミックに取り揃えてみました。
b0052286_2118576.jpg

左から個人制作の6080OTLアンプ、中央がEL34PP中華アンプ、右が845シングル中華アンプ、左上が6L6シングル・キットアンプです。

スピーカーシステムです。
b0052286_21182124.jpg


 低音は608OTLアンプで、YAMAHA JA-3882Bダブル・スリットバスレフBOXを鳴らしています。250Hz以下を受け持たせています。この6080OTLアンプは低域までよく伸びた豊かで柔らかい音なので、私のお好みのアンプです。

中低域は、EL34PPアンプでBMSのドライバー4592MDをエール音響の折り曲げホーンEX-150Mに装着して鳴らしています。長いホーンなので、アキュフェーズのデジチャンで振動板の位置を音響的には出来るだけ合わせています。受け持ち帯域はは250Hz~1kHzです。

中高音は845シングルアンプでDayton Audio AMTPRO-4 エアーモーション(ハイルドライバー方式)を鳴らしています。このシステムの音質を決める帯域となります。受け持ち帯域は1kHz~8kHzです。

高音は6L6シングルアンプでDaytonAudioのAMT-4エアーモーション(ハイルドライバー方式)TWを鳴らしています。このアンプは少しひ弱な感じなので、300Bシングルアンプ等が欲しいところです。受け持ち帯域は8kHz以上です。
 一番上に乗っているエラックのリング・リボンTWは使っていません。

これに加えてサブウーファーとして、JBL W15GTiを2個使うことにしました。Fostexの80cmはお休みとしました。といいますのは、デンジャラスな最低音を再生しますとボイスコイルが底を打って、ゴリゴリといった音が出ることがあるのです。JBLW15GTiは±3cmのストロークが取れる設計となっており、大入力を加えても大丈夫です。
b0052286_21203786.jpg


これを鳴らすアンプは大出力のアムクロンZ!(500W×2)を「使いました。これだけははトランジスタのアンプになります。
b0052286_21205281.jpg


各スピーカーのレベル位相を合わせて、YAMAHAのAVアンプで少し周波数特性を調節しました。

左CHの特性です。(SWに両CH分の信号が入りますので最低域が上昇しています。)
b0052286_21213377.jpg


右CHの特性です。
b0052286_21215772.jpg


左右の特性を重ね合わせてみました。よく揃っているようです。
b0052286_21221739.jpg


両CHの特性です。(やはりSWのレベルが上昇気味ですが、デンジャラスな最低音を出すには、もっとレベルを上げる必要があります。
b0052286_21224291.jpg


両CHの歪特性です。845シングルアンプの受け持ち帯域の2次高調波歪(青色の線)が多くなっています。グラフでは歪と雑音は40db高く表示されていますので、ひずみ率約1%です。
b0052286_2123844.jpg


 この2次高調波歪が多いことが、高域難聴の私の耳に艶のある美しい音に聞こえる原因ではないかと思います。少しキラキラしすぎて華やかすぎるように感じることもあるのですが、音楽が楽しめるので良いのではないかと思っています。
by katyan4 | 2016-07-06 21:29 | 装置・その他 | Comments(2)

火星の人

映画「オデッセイ」の原作です。
b0052286_16324460.jpg


1年ほど前に読んだ本ですが、映画を見てから、もう一度読み直してみました。

やはり面白い・・・傑作SF小説だと思います。

事故で火星に一人ぼっちで残された主人公が、どのようにして生き延びて地球に帰ってくることが出来るかといったお話です。

実際にNASAで計画している火星への計画がこの小説と同じかどうかはわかりませんが、非常に説得力のある内容のように思われます。

この小説での火星探索計画の内容は次のようになっています。
 先ず、無人のサプライ機で数回に分けて火星にサプライを送り込む。食料、水、酸素、燃料、ハブ(与圧ができる一種のテント型の基地)、ローバー(与圧ができる電動トレーラー)、太陽電池パネル、EAVスーツ(宇宙服)、MAV(火星上昇機)などがそのサプライ品の内容です。
 人間はサプライ品が火星に無事に到着したことを確かめたあと、宇宙船「ヘルメス」で火星に出発するのです。ヘルメスはイオン・エンジン(通常の科学燃料でなく、少量のアルゴンがあればコンスタントに加速し続けることが出来る)、火星の軌道に乗ったあと、MDV(火星降下機)を使って人員だけが火星に降下し、前もって送り込んでいたサプライを使って火星で生活をしながら調査をする。
 ミッション1と2は成功下に終わり、この物語はミッション3のチームが火星での本格的な活動を始めようとしたところから始まります。
 強烈な暴風が襲ってきて、MAV(火星上昇機)が危険なほどに傾き、ミッションを中止しMAVに乗り込もうとしていた時に、主人公のマーク・ワトニーに飛んできたアンテナの支柱が刺さり行方不明となります。宇宙服からの信号でも生命反応がなく、捜索中にMAVの傾きがひどくなったので、やむなくワトニーを残して地球へ帰還することになります。
 しかし、ワトニーは死んでいなかったのです。

 ワトニーが、一人で創意工夫をして火星で生き抜き、地球に帰ってくるまでのお話ですが、この小説では映画よりより細かく描写され、2回読み直しても一気に読み終えました。多分、私のあまり多くない残りの時間でも、後何回か読む気になるのではないかと思われる傑作小説です。
by katyan4 | 2016-07-05 17:21 | 今日の一冊 | Comments(2)

オデッセイ Blu-ray DIsk

SF小説「火星の人」の映画化作品です。
b0052286_22553080.jpg


 SF小説の原作もとても面白く、傑作だと思ったのですが、この映画も原作に忠実なよく出来た映画だと思います。

火星の風景もそれらしく、宇宙船などの作りも精密でお金が掛かっていますね。

無重力状態の撮影等はどのようにしたのかわかりませんが、まるで水中を滑るように進んでいる感じで感心しました。

2時間以上もあるのですが、あっという間に見終わった感じで、長さを感じさせない面白さでした。
by katyan4 | 2016-07-01 23:03 | 今日の一枚 | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31