「ほっ」と。キャンペーン

スクリーン

キクチのシアターグレイアドバンス、16:9、120インチを使用しています。
b0052286_18592335.jpg


キクチの前には、ビクターのパール型(やはり16:9,120インチ)使っていましたが、少し明るい部屋でも、コントラストが比較的保たれるようになりました。
# by katyan4 | 2004-10-28 19:00 | 装置・ビジュアル | Comments(0)

1942年生まれの、男性、四国松山在住
趣味はオーディオ、音楽鑑賞、読書
私の一番の趣味である、音楽鑑賞をするためのオーディオについて順次書いてみようと思います。

私のオーディオ歴を知りたい方は、More をクリックしてください。  

More
# by katyan4 | 2004-10-28 12:01 | プロフィール | Comments(13)

メインアンプ

メインアンプはflying mole DAD-M100 proClassic pro CP-1400,CP-600です。
flying mole DAD-M100 proは100W/8Ωのデジタル・モノ・アンプで中低音以上に使用しています。モノアンプなので、全部で8個あります。
b0052286_2046368.jpg

classic pro CP-1400は560W/8Ω×2の高出力AMPで低音用です。
classic pro CP-600は200W-8Ω×2ですが、BTL接続で超低音用です。
b0052286_20463794.jpg

 どれも、Pro仕様の物ですから、オーディオ用に比べ、とても安く手に入ります。マルチアンプ方式で使用する場合は、まずまず満足できます。
 使っているスピーカーが高能率な物が多いので、実際には10分の1の出力でも十分だとも思いますが、出力に余裕がある方が精神的に安心できます。
# by katyan4 | 2004-10-27 20:46 | 以前に使った機器 | Comments(1)

超低音スピーカー

超低音用にはfostexのFW-800(80cm)を壁バッフルで使用しています。
現在は7.1チャンネルの0.1チャンネル用で使っています。
b0052286_2231058.jpg


 スピーカーの後ろには約5畳の部屋があり、書庫、レコード庫として使っています。建築の際、壁の穴は大工さんに作ってもらったのですが、スピーカーバッフルの穴開けやスピーカーの取り付けは自分一人でしました。重たいスピーカーで苦労した記憶があります。宇和島の知人には、同じスピーカーを天井に取り付けている人が居られますが、その人の苦労に比べればたいしたことはなかったでしょう。
# by katyan4 | 2004-10-26 22:31 | 装置・スピーカー | Comments(0)

低音用スピーカー

低音用にはJBLの2235Hをダブルで使用していました。箱はラフトクラフト製の230Lのものです。箱の容積が小さいので、出来るだけf0の低い物をと考え、2235Hにしました。DCX2496のパラメトリックEQで、20Hzで15db上昇させています。
b0052286_22271562.jpg


このスピーカーの前には。ヤマハの38cmのウーファーを使っていました。軽いコーン(70g)強力なマグネットで高能率(101db)な物でしたが、普通に使ったのでは低音がでませんでした。日本オーディオ製のMFBシステムを取り付けて、20Hz迄ほぼフラットに再生するようにしていました。結構いい音がしていたのですが、このスピーカーの構造上あまり振幅が取れないようで、最低域の歪みが多い感じでしたので、2235Hに変更してみました。2235HにMFBをかけようとしましたが、うまくかかりませんでしたので、MFBは使えません。いくら低f0のスピーカーだといっても、40Hz以下は急激に落ちてしまいますので、メジャクランの音創夢のまねをして、DCX2496のパラメトリックEQで20HZを15db上昇させました。20HZ迄ほぼフラットになります。
# by katyan4 | 2004-10-26 22:28 | 以前に使った機器 | Comments(0)

高音、超高音スピーカー

高音スピーカーはAURUM G-1を使っています。150mm×14.5mmの大きな振動板を持つリボン型で、102dbの高能率で900Hzよりレスポンスがあるという優れた特性の物です。4000Hzから15000Hzで使用しています。
b0052286_18325224.jpg

超高音スピーカーはやはりAURUM G3 Si を使用しています。これも99dbとリボン型としては高能率のものです。
b0052286_18333146.jpg

写真のように中低音ホーンの前、視聴位置で耳の高さになるように取り付けています。
b0052286_18334585.jpg


中国製です。中国もこのような優秀な物が作れるようになったのですね。
振動板は軽く息を吹きかけても動くくらい繊細な物ですので、低い周波数の信号を入れると、過大な動きをし、振動板は伸び切ってしまうことがあります。私も一度失敗して、修理に出しました。低域カットのコンデンサーは必ず付けないといけないようです。
扇風機等のの風が当たると音が歪む可能がありますが、今時扇風機を掛けて聴くことは無いでしょうね。
# by katyan4 | 2004-10-26 22:16 | 以前に使った機器 | Comments(0)

中高音ホーンスピーカー

中高音にはドライバーはRADIAN760を使用しています。3インチアルミ合金ダイアフラムで2インチスロートの物です。、ホーンはKOZY STUDIO 820です。ホーンの長さが短くホーン臭くない音が出るようです。
使用帯域は1000Hz-4000Hzです。
b0052286_2205672.jpg
b0052286_2211760.jpg

# by katyan4 | 2004-10-26 22:02 | 以前に使った機器 | Comments(0)

中低音ホーン

中低音にはドライバーがJBL2446、ホーンはエール音響の折り曲げホーンEX-150Mを使っています。
使用帯域は225Hz-1000Hzです。2446のオリジナルのチタンダイアフラムでは500HZ以下の特性が低下しますので、ダイアフラムはRADIANのアルミ合金製のダイアフラムに交換しています。250HZで数db上昇します。
b0052286_21533510.jpg
b0052286_2154285.jpg

# by katyan4 | 2004-10-26 21:53 | 装置・スピーカー | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31