坊ちゃん列車

b0052286_21401869.jpg

松山市内を走っている、坊ちゃん列車です。
夏目漱石の松山を舞台にした小説、坊っちゃんのなかで、主人公が松山の港から市内まで乗った蒸気機関車にちなんだ名前です。
もちろん、当時の汽車が残っているはずはなく、復元(?)したものです。
また、蒸気機関ではなくディーゼル機関です。でも一応煙突から煙りのような物が出るし、汽笛のような音も出ます。
松山の歴史に詳しい人の中には、色も煙突の形も違うなどと文句を言う人もいますが、ほとんどの人は煙突の形の違いなどは気が付きませんし、色もこれの方が綺麗なので良いのではと思っているようです。
乗車賃は割高なので、松山市民は乗りません。乗っているのは観光に来た人たちだけですので、平日は1両編成で、休日は2両編成で走っています。
松山に来られたら一度乗ってみてください。

坊ちゃん列車に乗ろう
# by katyan4 | 2004-11-13 21:51 | 色々なこと | Comments(0)

猟犬たちの山脈

ビング・ウェスト著 村上和久訳 文春文庫
b0052286_22365690.jpg
国連平和維持軍としてセルビアのコソボ自治州に駐留していた、アメリカ海兵隊の偵察チーム(ペーパードッグス)が、誘拐された友人を救出しようと、命令を無視してセルビア領内に進入して、友人を救出する。その過程でインターネットのホームページ(http://www.paperdogs.
com)に、その行動を逐次掲載して、世論を味方につけていくといったお話。全体的には少し退屈で読み終えるのに2週間も掛かりました。ただ、このホームページがどうもweblog形式のものの様で、衛星通信を使って、文章と写真が簡単に掲載できていました。
# by katyan4 | 2004-11-12 22:46 | 今日の一冊 | Comments(0)

まず、高音用のスピーカー(AURUMのリボン型G-1)の70cmの特性です。
b0052286_22154663.jpg


4kHz24dbLikwitz-Rileyのロウカットと13.9kHz24dbLikwitz-Rileyのハイカットをした特性です。(70cm)

b0052286_22191783.jpg

視聴位置での特性です。
b0052286_222014100.jpg

素直な特性ですので、特にイコライジングは必要ないようです。
一般的に、ホーン型のTWは高域に向かって特性が低下している物が多く、視聴位置ではますます低下します。しかし、リボン型においては高域の低下は考慮しなくても良いようです。
# by katyan4 | 2004-11-12 22:21 | 装置・特性と調整法 | Comments(0)

STAR WARS A NEW HOPE episode Ⅳ

DVD-Video 5.1サラウンドEX
b0052286_23364198.jpg
デジタル・リマスターされた、STAR WARS TRILOGYの内の一枚。
LD板と比べると見違えるようになった映像と音声です。もちろん最新版のEPISODE Ⅱと比べる色々な面で物足りませんが、作成された年代を考えると素晴らしい出来です。
ハリソン・フォードのなんと若いことか。自分の年齢を自覚しました。
# by katyan4 | 2004-11-11 23:45 | 今日の一枚 | Comments(0)

中低音のイコライジング

中低音ホーンの前に高音と超高音ユニットを設置して特性の変化は無いかどうかという問題があります。ホーンの前には何も置かない方が良いというのは原則です(音響レンズでも)。しかし、私の場合は他に置く良い位置を思いつきませんでした。
そこで、ユニットを中低音ホーンの前に置く特性に変化が起きるかどうか測定してみました。
まず、中低音ホーンの特性です。(50cmで測定)

b0052286_23224461.jpg

223kHz24db,Butterworthと1000Hz24db,butterworthバンドパス特性をPC画面で見ると。
b0052286_23271230.jpg

バンドパスフィルターを通した中低音ホーンのまえに何も置いてない特性です。(70cmで測定)
b0052286_20522897.jpg


次に高音と超高音ユニットを中低音ホーンの前面に設置したときの特性です。
b0052286_20532247.jpg


わずかな特性の変化は有りますが、受け持ち帯域である223kHzから1000kHzの間の特性にはほとんど変化を認めませんので、高音と超高音ユニットを中低音ホーンの前に置く弊害は少ないと考えました。

しかし、これらの特性を見ると、500Hz以下の特性が下がっています。そこでパラメトリックEQを使用して、200hZで+7dbQ3.5のイコライジングをしてみました。次がその特性です。
b0052286_20572792.jpg


まだ、690Hzあたりのピークが気になります。部屋の影響だと思われますが、視聴位置ではピークがもっと高くなります。そこでパラメトリックEQで691Hz-3.5dbQ7.1のイコライジングを追加しました。
b0052286_20595910.jpg

PC画面のイコライザー特性です。
b0052286_23301939.jpg


中低音ホーンのイコライジングは以上で終わります。

測定はマイクを中低音ホーンの正面約70cm、ソフトはMyspeaker、イコライジングはDCX2496を使用しています。

元々、2446は本来500kHz以上で使うユニットなのですが、223kHzまで使って、その上7dbも持ち上げているので、大丈夫なのかという問題があります。17.5畳の部屋でいくら大音量にしても、PAでの音量に比べると遙かに少なパワーしか入っていませんので、問題はないようです。大音量派の某氏が来られて、思い切ってボリュームを上げたことがありますが、大丈夫でした。
# by katyan4 | 2004-11-11 22:29 | 装置・特性と調整法 | Comments(2)

中高音のイコライジング

まずドライバーはRADIAN760、ホーンはKOZY STUDIO820の組み合わせの周波数特性です。スピーカー正面約70cmで測定しています。
b0052286_20441050.jpg

ホーンが短いためか、3kHz以下のレベルが少し低下しています。

次に1kHzで24dbLikwitz-Rileyハイパス、4kHzで24dbLinkwitz-Rileyローパスでバンドパスします。
まず、PC画面で見た特性です。
b0052286_23172450.jpg

スピーカーの特性はこの様になります。
b0052286_20482353.jpg

やはり、3kHzより低い周波数が低下しています。

次に1.78kHz12dbローパスgain+3dbのイコライズを行います。
PC画面上のイコライズの特性です。
b0052286_20581810.jpg

実際の周波数特性です。3kHz以下の特性はやや改善されています。
b0052286_20522617.jpg


視聴位置での特性は次のように高域が低下しますので、これくらいのイコライズがちょうど良いようです。
b0052286_2054029.jpg


測定はマイクを中低音ホーンの正面約70cm、ソフトはMyspeaker、イコライジングはDCX2496を使用しています。
# by katyan4 | 2004-11-11 20:59 | 装置・特性と調整法 | Comments(0)

DVD-Audio 96kHz/24bit 5.1サラウンド
b0052286_235954.jpg
新進気鋭の女性フルーティスト高木綾子が新イタリア合奏団と協演した、ヴィヴァルディのフルート協奏曲などを納めた一枚。初めは高木綾子さんの若さが出すぎているように感じたが、聞いている内にだんだんと引き込まれていきました。
録音は高音と低音が少し強調されているようで、ボリュームをあげすぎると不自然になります。
# by katyan4 | 2004-11-11 00:05 | 今日の一枚 | Comments(0)

Mattinata/Kiyoto Fujiwara

DVD-AUDIO 96kHz/24bit stereo キング
b0052286_21141910.jpg
Mattinata(朝の歌)はクラッシク作曲家レオンカバレロの作品からの編曲,他にオリジナル曲など、全10曲.藤原のウッドバスにピアノ,ドラムスを加えた演奏.訥々と語るようなスローテンポの演奏が多いが,しみじみと心にしみるよう。
音はフレッシュで美しい優秀な録音です。
# by katyan4 | 2004-11-09 21:21 | 今日の一枚 | Comments(0)

b0052286_21345654.jpg

千里眼シリーズの最新刊
28歳の元自衛隊F15パイロットで臨床心理士である、嶋美由紀の超人的な働きで、イラクに平和が来るという、荒唐無稽なお話です。
でも、588ページの長編を一日で読み終えましたので、面白かったのです。
他の千里眼シリーズは駄作が多かったのですが(私の独断と偏見です)、これは良い出来です。
イラクに早く平和が訪れますように。
# by katyan4 | 2004-11-08 21:40 | 今日の一冊 | Comments(3)

b0052286_1643034.jpg


物置に30年前に使っていた、ナショナルのMFBスピーカーユニット 8PZ1 が有りました。
自作のトランジスターAMPと組み合わせて、小さな箱でも、低い周波数まで再生が可能でした。懐かしいユニットです。
# by katyan4 | 2004-11-07 16:48 | 以前に使った機器 | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31