今日の17枚
b0052286_21303427.png


 モーツァルトのセレナーデほか、R.シュトラウスの作品など、1953~1972年に録音された名演ばかりを17枚のCDに収録したBOX版です。
 私の11歳から30歳の頃の録音ですから、当時のLPでも持っていないものばかりでしたので、購入しました。

 古い録音で、5枚ほどはモノラル録音ですが、なかなか音のバランスが良く、楽しめます。ベートーベンの第5番(MONO)を聞きながら、思わず指揮をしている気分になって両手を振り回していました(笑)。

曲目は
Disc1
● ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調 Op.55『英雄』

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1961年(ステレオ)

● ベートーヴェン:序曲『コリオラン』 Op.62

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1958年(ステレオ)

Disc2
● ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命』

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1953年(モノラル)

● ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調 Op.92

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1958年(ステレオ)

Disc3
● ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス Op.123

マリア・シュターダー(ソプラノ)
マリアンナ・ラデフ(メゾ・ソプラノ)
アントン・デルモータ(テノール)
ヨゼフ・グラインドル(バス)
ベルリン 聖ヘトヴィヒ大聖堂聖歌隊
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1955年(モノラル)

Disc4
● ブラームス:交響曲第1番ハ短調 Op.68

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1959年(ステレオ)

Disc5
● ブラームス:交響曲第2番ニ長調 Op.73
● レーガー:モーツァルトの主題による変奏曲とフーガ Op.132

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1956年(モノラル)

Disc6-7
● ハイドン:オラトリオ『四季』

グンドゥラ・ヤノヴィッツ(ソプラノ)
ペーター・シュライアー(テノール)
マルッティ・タルヴェラ(バス)
ウィーン楽友協会合唱団
ウィーン交響楽団
録音:1967年(ステレオ)

Disc8
● マーラー:亡き子をしのぶ歌
● マーラー:リュッケルトの詩による歌曲集(4曲)

ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1963年(ステレオ)

Disc9
● モーツァルト:ハフナー・セレナード K.250

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1970,1972年(ステレオ)

Disc10
● モーツァルト:ポストホルン・セレナード K.320
● モーツァルト:セレナータ・ノットゥルナ K.239

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1970年(ステレオ)

● シューベルト:『ロザムンデ』 D.797より序曲とバレエ音楽

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1971年(ステレオ)

Disc11
● モーツァルト:グラン・パルティータ K.361

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1970年(ステレオ)

Disc12
● モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク K.525
● モーツァルト:セレナータ・ノットゥルナ K.239

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1956年(モノラル)

● R.シュトラウス:交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯』 Op.28

シュターツカペレ・ドレスデン
録音:1957年(モノラル)

● R.シュトラウス:交響詩『ドン・ファン』 Op.20

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1963年(ステレオ)

Disc13
● R.シュトラウス:アルプス交響曲 Op.64
● R.シュトラウス:交響詩『ドン・ファン』 Op.20

シュターツカペレ・ドレスデン
録音:1957年(モノラル)

● R.シュトラウス:『ばらの騎士』第3幕より「ワルツ」

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1963年(ステレオ)

Disc14
● R.シュトラウス:交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』 Op.30

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1958年(ステレオ)

● R.シュトラウス:祝典前奏曲 Op.61
● R.シュトラウス:交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯』 Op.28
● R.シュトラウス:『サロメ』より「7つのヴェールの踊り」

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1963年(ステレオ)

Disc15
● R.シュトラウス:交響詩『英雄の生涯』 Op.40

シュターツカペレ・ドレスデン
録音:1957年(モノラル)

● R.シュトラウス:交響詩『死と浄化(変容)』 Op.24

シュターツカペレ・ドレスデン
録音:1972年(ステレオ/ライヴ)

Disc16-17
● カール・ベーム、我が人生を語る(1960年7月、ザルツブルクにて収録)

● シューベルト:交響曲第9番ハ長調 D.944『グレート』よりリハーサル風景
● シューベルト:交響曲第9番ハ長調 D.944『グレート』全曲演奏

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1963年(ステレオ)

カール・ベーム(指揮)
# by katyan4 | 2017-04-17 21:37 | 今日の一冊 | Comments(0)

 アイコール レコードクリーン装置 クリーンメイトを購入しましたので、今まで使っていたVPIのバキューム式レコードクリーナーが不必要となりました。結構図体が大きな装置ですので、私のあまり広くないリスニングルームには置く所がありません。どこかに置いていただくところは無いかと考えましたところ、エクスクルーシヴさんの所ならば広いのでどうかとお願いしましたところ、期間無制限、保管料無料、使用料無料の条件で快諾いただきました。保管料ただというのも何ですので、OYAGのレコードクリーニング液を1本持ってゆきました。

 久しぶりに訪れたエクスクルーシヴさんのスピーカーシステムです。
b0052286_151392.jpg


 以前と同じよにドライバーが沢山あるのですが、ハイルドライバーの取り付けが変更になりホーンがなくなっていました。私のところとは違い、綺麗に塗装がしてあります。
 
b0052286_15154454.jpg


 天井には、大きな(80cm?)の低音用のスピーカーが見えます。
b0052286_151634100.jpg


 出てくる音は、女性ボーカルはそこに歌手が歌っているような感じで、たくさんのドライバーから出る音とは思われません。JAZZのベースの存在感、ハイハットの生々しさなど、欠点のつけようがありませんでした。この前会ったOTさんが、「エクスクルーシヴさんのところの音は今までで一番いい音がしていますよ、早く聴きに行ったほうが良いですよ、いつまた改悪されるかもしれませんから」と言った言葉が納得です。

 この前から話題になっている黄金の指掛けのついた、木製ストレートアームを見せてもらいました。指掛けが普通の位置に付け替えてありました。48cmのロングアームですから、ストレートアームでもトラッキングエラーが少なくなっています。糸吊ですので、支点がフラフラするのではないかと質問しましたところ、オイルダンプになっているので大丈夫だとのこと、オイルダンプの方式は見せてはもらったのですが、企業秘密だとのことですので、公開できません(笑)
b0052286_15264386.jpg


支点がフラフラせずピシッと安定に動作している動画です。
https://youtu.be/8j_nX_EYlBY
# by katyan4 | 2017-04-02 15:31 | オタクのオタク訪問 | Comments(1)

LP STEREO
b0052286_1758212.jpg


このLPも、初めて聞くシャルヴェンかという作曲家の作品です。

フランツ・クサヴァー・シャルヴェンカ(Franz Xaver Scharwenka, 1850年2月6日 - 1924年12月8日)は、ポーランド系ドイツ人の作曲家、ピアニスト[1]、音楽教師

ピアノ協奏曲第4番 ヘ短調 作品82は、フランツ・クサヴァー・シャルヴェンカが1908年に作曲したピアノ協奏曲。初演は、同年10月31日にベルリンのベートーヴェンザールで行われ、大きな成功を収めた

このレコードには次のピアノ独奏曲も入っています。

スケルツォ ト長調 Op.4
ピアノでのお話 Stories at the Piano」 Op.5
2つのピアノ曲 Op.22 (ノヴェレッテ、
ポロネーズ Op.42

演奏は
ピアノ独奏 Michael Ponti
Hanburg Synphoniy 
指揮 Richard Kapp
# by katyan4 | 2017-04-01 19:21 | 今日の一枚 | Comments(0)

ジャケットの絵がクリムトのLPです。
b0052286_21283384.jpg


レコード棚を探していたら、ジャケットがクリムト(多分)の絵が入っているLPをもう一枚見つけました。

モーリツ・モシュコフスキ(Moritz Moszkowski, 1854年8月23日 ヴロツワフ - 1925年3月4日 パリ)はポーランド出身のユダヤ系ピアニスト、作曲家、指揮者。

Concerto in E Major for Piano and Orchestra,Op.59

For Piano Solo:
Caprice Espagnol,Op.37
Etude in F Major,Op.72
Etinselles,Op.36,No.6
The Venusberg Bacchanale(Paraphrase for Piano)
Danse Bohaeme after Bizet's "Carmen"

Michael Ponti,Piano
Philharmonia Hungarica
Hans Richard Stracke,Conducor
b0052286_2131941.jpg


ピアノの技巧を十分に発揮した楽しい曲です。録音もバランスのとれた美しい音で再生できました。
# by katyan4 | 2017-03-26 21:34 | 今日の一冊 | Comments(0)

Alfred Brendel plays Prokofiev

今日の一枚 LP EVEREST 版
b0052286_11432827.jpg

 
Concerto for Piano and Orchestra No.5,opus 55
Sonata No.5 for Paino,opus 38
Alfred Brendel,piano,The Vienna Symphony Orchestra conducted by Jonathan Sternberg

有名な左手のための協奏曲の次に書かれた最後のピアノ協奏曲で、あまり録音されていないようで、初めて聞きました。現代音楽的なすこじ前衛的な音楽でした。

録音は歯切れの良い音で低音が少ない感じ、左右の音の広がりがあまり感じられない音です。
# by katyan4 | 2017-03-26 11:53 | 今日の一枚 | Comments(0)

シン・ゴジラ

昨日の一枚 Blu-Ray
b0052286_9482252.jpg


日本製ゴジラのリバイバル
まず、音声はサラウンド音声ではないのですね。1.日本語 3.1ch DTS=HD Master Audio と 2.日本語 2ch DTS Master Audioの2種類のみなのです。今時サラウンドでないなんて、時代遅れもいいとこですね。という訳で音声には見るべきところがありません、セリフも聞き取りにくい(私の耳のせいがあるのかも)ので、字幕をONにしてみました。映像の方は以前の日本製ゴジラと比べて進歩しているのは確かです。ストーリーはよくわからない科学的理論がたくさん出てきますが、元々荒唐無稽なお話なので良しとしましょう。

まあ、楽しく見えました。
# by katyan4 | 2017-03-26 09:59 | 今日の一枚 | Comments(0)

LP STEREO
まとめて買った輸入盤の中に官能的なジャケットのLPがありましたので、聴いてみました。
イグナーツ・モシェレスのピアノ協奏曲と練習曲を収めたレコードです。
b0052286_2135183.jpg


Michael Ponti ピアノ
Othmal Maga 指揮
Philharmonia Hungarica

b0052286_21353610.jpg


イグナーツ・モシェレス(Ignaz Moscheles, 1794年5月23日 - 1870年3月10日)はチェコ出身の作曲家およびピアニストで、ベートーベンやメンデルスゾーンと親交があったそうです。
# by katyan4 | 2017-03-24 21:37 | 今日の一枚 | Comments(4)

CROSSROADS レベル STEREO LP
b0052286_2039635.jpg

これも、まとめて購入していた中古LPの一枚です。アメリカ製の輸入盤です。

b0052286_20442952.jpg

A面はヤナーチェックの2台のピアノ、2つのヴァイオリン、ヴィオラ、クラリネット、ホルン、バズーンのCINCERTINO,B面はバルトークの2台のピアノとパーカッションのソナタの曲目です。

レコード面をっクリーニングして観察するとこ擦れた傷が結構たくさん付いていました。レーザーターンテーブルで再生してみますと、思いのほか雑音の少ない良い音で再生できました。

綿埃には弱いが、傷には強いレーザーターンテーブルでした。

どちらも、初めて聴く曲。何回もは聴く気がしない曲ですね。
# by katyan4 | 2017-03-23 20:49 | 今日の一枚 | Comments(0)

今日の70枚
 今は亡き名ピアニストホロヴィッツのCD70枚セットです。高価なBOX版で新品でも中古でも4万円以上するようですが、AMAZONで中古が比較的安く出ていましたのでポチってしまいました。
b0052286_20351686.jpg


中古といってもとても綺麗で、CDですからLPのように中古だから雑音が多いといったことはありませんので安心です。
b0052286_2135342.jpg


ジャケットはLPと同じオリジナル・ジャケットなので、裏ジャケットは字が小さくなりすぎて、字が読めません。英語ですから見えても読めないことには変わりありません(笑)。

私の友人にホロヴィッツの大ファンがいるのですが、その友人に聞いてみると、もちろんこのセットを持っているが、大事にしすぎてまだ封を開けてないとのことです。レコードと違い、封を開けて再生しても音が劣化することは無いはずですので、大ファン(大キチ)の精神状態は理解できません。

早速CD1のムソルグスキー/展覧会の絵を聞いてみました。SP時代の録音で音は・・悪いです。演奏は・・現代のピアニストの演奏と比べると・・トツトツとした演奏で・・よく分かりませんでした。

まあ、ぼちぼち聞いてゆきましょう
# by katyan4 | 2017-03-21 21:02 | 今日の一枚 | Comments(2)

今までは、レコードのクリーニングには、VPIのバキューム式クリーナーを使っていました。
b0052286_20471430.jpg


このクリーナーは一般の針付きのレコードプレーヤーには十分なクリーニングが可能なのですが。レーザーターンテーブルン場合は極端に綿ぼこりに弱いのです。VPIのクリーナーは動作原理上、レコードに静電気が帯電して、綿ぼこりを吸着してしまいます。盤面に吸着された綿の繊維にレーザーが反射して、大きなクリックノイズが出ます。ノイズだけではなく時には左右の音が隣同士の音が交じった状態になることもあります。私の部屋かろくに掃除をしないのでほこりが多いこともあるかもしれません、ことに冬は着ているセーターのほこりが吸着されるようです。

アイコール レコードクリーン装置 クリーンメイト IQ1100Aは動作原理はほとんどVPIと同じで、コピー製品といってもよいくらいなのですが、デザインはとてもよく、それに、静電気除去装置が付属しているのです。ちょうど、VPIの電源SWが接触不良になったのか、ターンテーブルが回転しないことが頻発し始めましたので、アイコールを注文しました

注文して2日目の今日、届きました。
b0052286_20552054.jpg


木製で綺麗な塗装がしてあります。

早速、レコードをクリーニングしてみました。
レコードの固定ねじとレーベルの濡れ防止カバーです。
b0052286_20565451.jpg


洗浄液(YAOGの洗浄液を使いました。)をレコード面に垂らします。
b0052286_205811.jpg


YAOGブラッシでレコードを回転しながらブラッシングします。
b0052286_2104126.jpg


ブラッシングが終わったら、吸引ノズルでほこりの混じった洗浄液を吸引します。
b0052286_2115741.jpg

右側が洗浄ノズルで左が静電気助教装置です。

クリーナーからレーザーターンテーブルまで運ぶ間のホコリの吸着はほとんど無くなったようです。

レーザーターンテーブルでクリーニングしたレコードを再生してみましたが、ほこりによると思われるノイズが非常に少なくなりました。93000円の投資は成功したようです。

今日のレコードクリーニングはお終い。
b0052286_21542132.jpg

# by katyan4 | 2017-03-20 20:51 | 装置・その他 | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31