「ほっ」と。キャンペーン

明日、4月9日に松山市民会館中ホールでナサニエル・ローゼンさんの演奏会があります。
b0052286_11574487.jpg


ナサニエル・ローゼンさんは、アメリカ人として唯一のチェロでチャイコフスキーコンクールに優勝した方で、奥さんが日本人ということもあって、松山市に住まわれていたこともあるそうです。

 演奏曲目は有名なバッハの無伴奏チェロ組全曲ですので、非常に楽しみです。
# by katyan4 | 2016-04-08 12:01 | 音楽会 | Comments(3)

 このところ、アナログ回帰、ホーンスピーカー廃止などシステムの大変革をしていますが、どうもしっくりしません。
 Behringerの格安アナログ・チャンデバが原因かも知れないと考えました。

と。思っている時に、ヤフオクでデジタル・チャンデバを使い始める前に使っていた、SONYのアナログ・チャンデバ TA-D88を見つけました。説明には通電可能とは書いてありましたが、ちゃんと動作するかどうかは不明とのこと、クロスオーバーを切り替える上蓋のネジは1本ない状態でしたので、不安でしたが、比較的安い値段で落札できました。

b0052286_22114555.jpg


内蔵のクロスオーバーユニットは
1)350Hz/560Hz/700Hz切替
2)500Hz/800Hz/1kHz切替
5)5kHz/8kHz/10kHz切替

が入っていました。
b0052286_2217562.jpg


チェックしてみますと、ちゃんと動くではありませんか、アッテネーターのガリも全然ありません。

350Hz、1kHz、8kHzのクロスオーバで大体レベルを合わせて、ヤマハのAVプリアンプCX-A5100の自動パラメトリックEQで調整しますと、素晴らしい周波数特性になりました。
b0052286_2221362.jpg


音は非常に落ち着いた音に変貌しました。ベーリンガーの安物チャンダバは早速撤去しましょう。

この20年間、何をしていたのでしょうか?????
# by katyan4 | 2016-03-30 22:25 | 装置・アンプ | Comments(10)

宇和島の金剛山大隆寺にお墓参りに行ってきました。近いうちに松山へお墓を移す予定ですので、このお寺には最後のお墓参りになります。

鬱蒼と茂った木に囲まれています。
b0052286_2312992.jpg


庭も綺麗に手入れされていました。
b0052286_23125047.jpg

b0052286_23131416.jpg

b0052286_2313427.jpg


門前にある「そめいよしの」はチラホラと開花していました。
b0052286_23144679.jpg

b0052286_2315743.jpg

# by katyan4 | 2016-03-19 23:15 | 色々なこと | Comments(0)

発売は昨年の8月でしたが、生産数が少なかったのと、評判が良すぎたため、注文しても手に入れることが出来なかったのですが、ようやく手に入れることができたYAMAHA AV-プリアンプ CX-A5100です。
b0052286_20582689.jpg


最新のAVアンプですから「Dolby Atmos®」および「DTS:X」対応デコーダーを搭載していることはもちろんですが、一番の売りは新次元の視聴環境改善効果をもたらす64bitハイプレシジョンEQ採用の本機専用「YPAO」で、音の新鮮さがダイレクトモードの音に引けを取らないとのことです。

元々フロントのスピーカーにはマルチアンプ方式で別アンプを使っていましたので必要がないのですが、サラウンド用の8本のスピーカーにはそれを駆動するパワーアンプが必要になりました。それで、以前より持っていたAMCRONのComTech DriveCore Series CT875を使いました。1Uタイプの薄いケースに75W×8chものです。

後ろはこの様になりました。
b0052286_21174559.jpg


パワーアンプへの接続は全部平衡出力になります。

音は今まで使っていたYAMAHAのAVアンプ RX-A3050よりずっと透明感の増した音で、評判通り素晴らしいアンプだと感じました。
# by katyan4 | 2016-03-18 21:24 | 装置・アンプ | Comments(0)

先日、Umekichiさんよりメールがありました。「最近、JBLのドライバー376の音が歪っぽく聞こえる、一度測定して欲しい」とのことでした。
 本日の午後、測定ができるように準備して待っていました。
b0052286_188556.jpg


早速測定してみました。

376_1の歪特性です。
b0052286_1895259.jpg


376_2の歪特性です。
b0052286_18102880.jpg


376_1のピンクノイズ特性です。
b0052286_18125816.jpg


376_2のピンクノイズ特性です。
b0052286_18133482.jpg


ピンクノイズ特性は、ほとんど個体差のない優秀なもので、これほど揃った特性のドライバーは見たことがありませんので、ドライバーには問題がないのではないかと判断しました。

しかし、歪特性を並べてみてみると376_1の3次高調波歪が多く表示されています。ピークのある特性ではありませんので、ヴォイスコイルの接触などによるものではないと思いますが、少し気になります。
# by katyan4 | 2016-03-12 18:20 | オタクのオタク訪問 | Comments(1)

 何故か、忙しくて時間が取れなかったので、遅くなりましたが、どうにか調整が終わりました。
中低音ホーンを取り除いたキャビネットの裏はこのとおり毛布を3重に吊っております。Dayton Audio AMTPRO4 の後ろの吸音材は1枚だけ装着しました。
b0052286_21511648.jpg


FE208EΣ TWIN とショートホーン付きDayton Audio AMTPRO4 を繋いで見ました。
約200Hzロウカット(24db/oct)、約800Hzでクロスオーバー(24db/oct)、約7kHzハイカット(24db/oct)1mの特性です。
b0052286_21513041.jpg

なかなかスムースに繋がるようです。ショートホーンの効果か、Dayton Audio AMTPRO4 の中音域のダラ下がりが無くなりました。

視聴位置での全域特性です。Fostexの80cmサブウーファー、ヤマハ38cmダブルとElacのリングリボンTWを加えた5wayです。
b0052286_2155271.jpg


なかなかスムースな特性になりました。

聞いてみると、歯切れの良い音で、少し華やかですが、高域のひずみ感の少ない音になりました。

b0052286_21562595.jpg


中低音ホーンを使わなくても良いかも。
# by katyan4 | 2016-02-27 22:00 | 装置・スピーカー | Comments(0)

構想3か月、2月10日より製作に取り掛かっていたFostex FE208EΣ TWIN + Dayton Audio AMTPRO4 ハイルドライバーの制作がようやく終わりました。
 
 中低音ホーンのカバー?から中低音ホーンを取り外して、後面開放のキャビネットにしました。
b0052286_20252358.jpg


位相を出来るだけ合わせようと考え、2枚の板厚分3.6mm前に出したFW208EΣの間に配置したAMTPRO4にホーン長3.0mmのショートホーンを付けたのです。
b0052286_20284047.jpg


このショートホーン付きAMTPRO4(後面吸音材なし)1mの特性です。
b0052286_2050357.jpg


参考までに、裸のAMTPRO4(後面吸音材なし)1mの特性です。
b0052286_20485557.jpg


FE208EΣ TWIN の 1m の特性です。
b0052286_2162385.jpg


まだ、未調整ですが、視聴位置での全域(4way)の特性です。
b0052286_2111333.jpg

# by katyan4 | 2016-02-21 21:17 | 装置・スピーカー | Comments(0)

THE VERY BEST OF JULIE LONDON

CD 2枚組
b0052286_11552994.jpg


 この前の日曜日、広島のまるせいごさん宅でJulie LpndonのLPを聞かされたので、帰ってきてからついポチてしまいました。

 LPは高いので、安いCD2枚組ですが、評価が良いので買ってみました。
2枚組で1950-60年代に録音したものが50曲も入っています。
b0052286_11595428.jpg


音は、古い割には十分に観賞に耐える音で、Julieの声も美しく聞こえます、低音も豊かで(少し重い感じ)です。

聞いた記憶のある曲が半分位はあり、若い頃を懐かしく思い出しました。
# by katyan4 | 2016-02-19 12:03 | 今日の一枚 | Comments(2)

グラミー賞にノミネートされたとのニュースで買っていた一枚です。
b0052286_9544611.jpg


 今まで余り聞かなかったジャンルなのですが、猫のニャンニャン2重唱や子供たちの合唱など、楽しい曲が有り、楽しめます。
 録音は、透明感のある音で、好録音です。

画像があればもっと楽しめそうです。ブルーレイの発売を期待しましょう。


曲目は


1. 歌劇≪こどもと魔法≫ 第1部 序奏-「宿題なんかやりたくない」 (こども、母親)
2. 歌劇≪こどもと魔法≫ 第1部 「安楽椅子嬢、お手を」 (肘掛椅子、安楽椅子、家具)
3. 歌劇≪こどもと魔法≫ 第1部 「ディン、ディン、ディン、ディン」 (大時計、こども)
4. 歌劇≪こどもと魔法≫ 第1部 「ご機嫌いかが?」 (ティーポット、中国茶碗)
5. 歌劇≪こどもと魔法≫ 第1部 「お下がり!」 (火、こども、羊飼いの男たち、羊飼いの娘たち)
6. 歌劇≪こどもと魔法≫ 第1部 「アーッ!あの娘だ!あの娘だ!」 (こども、お姫さま)
7. 歌劇≪こどもと魔法≫ 第1部 「2本の蛇口からひとつの桶に水が流れる!」 (小さな老人、こども、数字たち)
8. 歌劇≪こどもと魔法≫ 第1部 猫のニャンニャン二重唱
9. 歌劇≪こどもと魔法≫ 第1部 昆虫、雨蛙、ひき蛙の大合唱 第2部 「ああ!お庭さんにまた会えて、うれしいよ!」 (こども、木、他の木たち)
10. 歌劇≪こどもと魔法≫ 第2部 「君はどこにいるのかい?」 (トンボ、ウグイス、こども、コウモリ)
11. 歌劇≪こどもと魔法≫ 第2部 「逃げなさい、お馬鹿さん!籠は?籠はどこ?」 (リス、雨蛙、こども)
12. 歌劇≪こどもと魔法≫ 第2部 「彼は傷の手当をした…」 (動物たち、こども)

小澤征爾さん、今まで8回もノミネートされていたそうですが、80歳にして。ようやく受賞されました。

受賞、おめでとう御座います
# by katyan4 | 2016-02-17 11:55 | 今日の一枚 | Comments(0)

 昨日の日曜日、広島のオメガの会に参加してきました。
カエルが踊りだすようなポカポカとした暖かい日でした。松山からの参加者は、Exclusiveさん、morobare父さん、RYOさんそして私の4人です。

 朝8時発の広島行のスーパージェット(高齢者割引15%で6040円)に乗って、広島港には9時20分に到着です。オメガの会会長の板谷さんとさ、まるせいごさんが港まで迎えに来ていただいていました。

 ここから二組にわかれ、morobare父さんRYOさんは板谷会長宅へ、私とExclusiveさんはまるせいごさん宅へ向かいました。まつせいごさんは途中で佐川急便の営業所へ立ち寄って、注文されていたLPを受け取られていました。

 まるせいごさんのリスングルームは2年前にも訪問したことがあるのですが、その時以上にスピーカーのユニットがゴロゴロとLPがぎっしりと詰まっており、いつも雑然としている私のリスニングルームに負けない(失礼)状態に見えました。なぜか自分の部屋にいるようなくつろいだ気持ちで、届いたばかりのLPを聞かせていただきました。
b0052286_1036422.jpg


Julie Londonの「JUlie is her name volume two」1968年のLPで(新しくプレスしたもの)。STEREO録音です。私の思春期時代に有名だったハリウッド女優兼歌手だった方のLPです。思春期時代にこの人の歌を聞いた記憶は有りませ。このLP、古い録音のはずなのですが、低音も豊かで声も美しく聞こえ、お買い得のLPだと思いました。
b0052286_10365085.jpg


その後にダイアナ・クラールのLP版も聞かせてもらいましたが、JulieのLPの方が良い音に聞こえました。
b0052286_10374686.jpg


メイン会場の原田先生の所に移動する前に、”うどん”と”おむすび”のお店に寄り、”鉄神うどん”で昼食をとりました。ピリ辛濃厚な味で、結構美味しいうどんでした。
b0052286_10381073.jpg


原田先生は小児科の先生で93歳になられるのだそうですが、まだお元気で音楽を楽しまれておられます。

病院の4階にあるリスニングルームが有ります。防音2重ドアを入ると、そこには夢のような部屋が。
b0052286_10385255.jpg

天井の高い(3フロア分?)部屋には今まで読まれた本とCDと素晴らしいオーディオ装置が有りました。

 TAD38cmウーファー2発が入った大きなボックスはスピーカースタンドの上に縦に置かれ、中音ホーンとTWがその上に置かれています。ホーンは、立った人の頭の上にある感じです。椅子に座ると音が頭の上を通り過ぎる感じなのが気になるところでした。
b0052286_10393520.jpg


 Fostexの80cmウーファーを入れた、大きなサブウーファーもあり。アキュフェーズのプリ、パワー、フィルターアンプを使った、3way+サブウーファーのマルチアンプ方式です。
b0052286_1233656.jpg

b0052286_1231294.jpg


オメガの会員が揃ったところで、板谷会長の号令でスピーカーの配置替えです。

先ず38cmのユニットを外して、180度回転するようにしています。
b0052286_124666.jpg


そしてスピーカーの箱を横向けにして、部屋の横方向に移動します。

スピーカーボックスに下には、板谷会長特製のインシュレーターを置きます。
b0052286_1245765.jpg


横向けにしたスピーカーボックスの上に中音ホーンとTWを置きます。これで、高さが椅子に座った状態で耳の高さになりました。
b0052286_1253335.jpg


スピーカーのコードが届くようにアンプ群も移動しなければいけませんでした。

大体の配置が終わり、音出しです。このような配置になり、原田先生が揺り椅子に座られて、音を聞かれています。
b0052286_126591.jpg


音のバランスなどは、原田先生のお好みに調整する必要があると思いますが。音像としてはなかなか良くなったのではないかと思います。

ご高齢なので、ご自分でスピーカーの配置を変えることは不可能だと思いますが、オメガの会の様に、会長の号令で沢山の方々が集まり、このような作業ができることは羨ましいですね。

最後に会員の自作のSPとアンプが披露されました。2インチのスピーカーユニットを使ったスピーカーと透明アクリル板で中が見える自作アンプでした。アンプ(デジタル)に放熱器は自作で薄い銅板を何枚か重ねてフィンを沢山作ったようなもので感心しました。音は小音量ですがバランスのとれた音で自作の楽しみを感じさせるものでした。
b0052286_1263525.jpg

b0052286_1265687.jpg


オメガの会はまだまだ続いていましたが、午後5時に、松山勢は途中で失礼して、帰途につきました。

オメガの会の皆様、例会にお招きいただき、有難うございました。
# by katyan4 | 2016-02-15 12:11 | オタクのオタク訪問 | Comments(2)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31