デジチャンよりスピーカーまでのオールデジタル化に挑戦 5.

低音、中音、中高音に接続するパワーアンプを全部SA-XR50に変更して、レベル等を調整して音を出してみました。
中高音はRADIAN745,中音はJBL2450,低音はJBL W-15GTiです。
FOSTEXの80cmのサブウーファーもアナログ接続ですがフライングモールのパワーアンプで付け加えました。
b0052286_22525182.jpg

特にTWを加えなくても良い特性です。
心配していた低音も相当音量を上げても大丈夫です。現在W-15GTIのダブルボイスコイルを直列12Ωで使用していますが、これを並列3Ωに変更すれば、もう少し余裕が出来るはずですので、このAMPで使用できそうです。
音質の向上は中高音だけデジタル化したときの変化ほど大きな変化ではありませんが、音がより明瞭になり、打楽器などの衝撃音が強く生々しくなります。それなのに弦楽器などの音は刺激的な音がしなくなったように感じます。
 S/N非常に良くなりました。ホーンの中に耳をつっこんでも雑音は聞こえません。

配置を換えました。
b0052286_22593228.jpg

Commented by nkun at 2005-03-19 10:34 x
 面白い試みですね。これからの展開に期待しています。もしよければデメリットのほうも、もしも在りましたらご紹介願います。オーディオに対して新しい考え方をトライされる、その好奇心と柔軟な発想に感心しています。
Commented by katyan4 at 2005-03-19 12:50
音の変化を楽しむ時期が過ぎると、欠点が耳に突き出しますので、これから色々とデメリットが出てくるでしょうね。
by katyan4 | 2005-03-18 22:59 | デジタル化 | Comments(2)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31