デジチャン~パワーアンプのデジタル化の効果

 まず、一番感じたことはS/Nの改善です。以前はパワーアンプのアッテネーターを絞り、デジチャン内のレベル設定を一番高くした状態でどうにかノイズが耳に付かない程度だったのですが、現在はデジチャンのレベルを0dbにして、パワーアンプのアッテネーターをあげた状態でもノイズは聞こえません。
 音質の点では、前体に透明感が良くなり、今まで高域がきつく感じていたソースでもあまりそんなに感じなくなり、弦楽器、女声ボーカルが柔らかく聞こえ出しました。
 打楽器、ドラムスなどの音はかえって生々しく迫力が増したように感じます。そのようなわけで。クラッシックもジャズもそれなりに良く聞こえ出しました。
 映画を見ても大砲の音も十分迫力があり、金属音も生々しく再生されます。
これは、デジチャンのデジタル出力化が効果があったのか、パナソニックの安いAVアンプに使われているTI社のデジタルパワーICの効果なのかハッキリしませんが、あまり深く考えないようにしました。

 欠点としては、安っぽいAVアンプが5台も並んでいるのはあまり格好は良くありません。一般的なオーディオマニアの方には不向きだと思います。

この1週間、CDやその他の音楽ソースを1枚最後まで聴くことが多くなりました。音が決まらない内は数分聴いては次に代えてまた聴くと言った調子で、音楽を楽しむのではなく、音を確かめていたのです。
 どうにか音楽を楽しめだしたようです。
Commented by yukiny at 2005-04-08 22:52 x
katyanさん、こんばんは。
それほどまで音楽を楽しめるようになったとは、これは聞かせて頂かねばなりませんね!(笑)
またご連絡させて頂きます!
by katyan4 | 2005-04-08 15:50 | デジタル化 | Comments(1)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30