今まで、AMTPRO-4を複数個使用して、半円状に配置したり、縦に6個配置したりしたのは、ハイ上がりの特性が複数個使用することによって解決するのではないかと思ったからです。

軸上50cmの特性です。
b0052286_15110251.jpg
視聴位置ではこのような特性になります。
b0052286_15130474.jpg
使用ユニットを1個にして、アキュフェーズの高級分割フィルターアンプを、安物のベーリンガーのDCX-2496 PROに変更し、そのEQ機能を使用することにしました。

EQで特性を補正しますと。
b0052286_15171646.jpg
DCX-2496 PROを2台使用し,真空管AMPで5wayマルチアンプ方式で設定してみました。

全域の特性です。
b0052286_15204116.jpg
全域歪特性です。
b0052286_15214703.jpg

中高域(AMTPRO-4)は845シングル真空管アンプを使用してありますので、2次高調波歪が多くなっています。聞こえにくくなった高域を2次高調波歪で錯覚させる作戦です。

この様な風景になりました。
b0052286_15252139.jpg
今までになくバイオリンの音が綺麗にひずみ少なく聴こえます。
まずは成功!!

AMTPRO-4が10個余りました。どなたか要りませんか?

by katyan4 | 2018-04-15 15:32 | 装置・スピーカー | Comments(5)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30