カテゴリ:音楽会( 115 )


b0052286_14023629.jpg

松山で、6月11日と12日に、伊藤悠貴さんの演奏会が3回あり、それを全部聞くことが出来ました。

まずは、6月11日には、伊予鉄高島屋のローズホールでアン・ディ・ムジークの定期演奏会での演奏でした。
b0052286_14025227.jpg
 入江一雄さんのピアノ伴奏で、オール・ラフマニノフのプログラムでした。美しいチェロの音を満喫しました。

 次は6月11日のお昼に、松山全日空ホテルでの松山RCの例会でのミニ・コンサートをしていただきました。
b0052286_14025647.jpg
最後は6月12日の夜、砥部オーベルジュ リゾートでのディナー・コンサートです。
b0052286_14040376.jpg

b0052286_14025950.jpg
 湖(?)が望める会場で、無伴奏チェロ組曲(バッハ)などの無伴奏の曲をたっぷりと演奏していただきました。丁度、伊藤さんの29歳の誕生日だったので、バースデーケーキの蝋燭を吹き消す演出が有ったりして、拍手喝采を浴びていました。

 ディーナーコンサートですから、料理もなかなか素晴らしいものでしたので、紹介します。


 新ゴボウを使った3種のアミューズ
b0052286_14031180.jpg
秘の下弦
 季節の野菜と瀬戸内の魚達 下弦の月
b0052286_14034728.jpg
艶めく緑
  初夏を彩る野菜、旬魚のポワレ、岩城島のレモン
b0052286_14035668.jpg
実りゆく
  実りを迎えた豆類と果実 牛フィレ肉の炭火焼き
b0052286_14290840.jpg
たおやかに
  県内産マンゴーを使ったデザート
b0052286_14311366.jpg

素材の味を生かした、とても美味しい料理で、耳と舌を堪能させた一晩でした。





by katyan4 | 2018-06-13 14:35 | 音楽会 | Comments(0)

b0052286_09095239.jpg
 先週の木曜日の未明にメールをチェックして見ますと、井谷さんからメールが来ていました、11月23日(木曜日)に、Monkでこの演奏会があるとのことです。特に予定もありませんでしたので、聴きにいってきました。
 SIMONN NABATOVという人の予備知識ゼロだったのですが、このチラシを見ると、ロシア生まれでもともとはクラッシックの演奏家だったようです。

b0052286_09100980.jpg

 体重150kg以上はありそうな堂々たる体格です。演奏して出てくる音は、もともとクラッシックの演奏家らしい繊細で柔らかい音に感心しました。もちろんこのクアルテットの演奏はモダン・ジャズというか前衛ジャズなので、激しい衝撃的な音もすばらしいのですが。

b0052286_09100065.jpg

 ドラムスのグレン・ムーアさんはとても日本語が上手で、メンバーの紹介などはこの人がされていました。

b0052286_09095728.jpg

ベースの瀬尾高志さんはベースの弓の使い方が多彩で聴いたことのないような音を出して楽しませてくれます。

b0052286_09100663.jpg
SAXの牧田明さんは、SAX以外にもクラリネット、ボーカル(美声ではない)を駆使して楽しませてくれました。

最近、難聴が進んだためかあまり大きな音を聴いていなかったのですが、久しぶりの大音量の生演奏を聴いて、ストレス発散が出来た感じです。


(写真は主催者の井谷さんより提供されました。)


by katyan4 | 2017-11-27 10:24 | 音楽会 | Comments(0)

 昨日の夜は、松山市の歩行町にある、ジャッズ・イン・グレッチに、綾瀬雅代さんのサキソフォーン独奏のライブを聴きにゆきました。定員20名しか入らないはずのライブハウスに24名入った満員のライブで、一番前の人は綾瀬さんとの距離が約1m少ししかありませんでした(笑)。私は耳をいたわって、出来るだけ離れた席を取りましたが、それでも4mくらいだったでしょうか。
 演奏は、予想通り激しい演奏で、サキソフォーンはこんな音が出るのだと感心するほどで、圧倒的でした。

井谷さん提供の写真です。(演奏していないときは、とても可愛いのですが・・・)
b0052286_12222669.jpg

b0052286_12224955.jpg
 
by katyan4 | 2017-05-22 12:23 | 音楽会 | Comments(0)

二日続けての音楽会

22日(火)と13日(水)と二日続けて音楽会に行ってきました。

22日はアンディムジークの音楽会で、高島屋のローズホールで行われた、萩原尚子&諸田由里子デュオリサイタルでした。

 ホールの前の方で聞いたせいもあるかもしてませんが、萩原さんの小柄な体で弾かれるバイオリンの音色と迫力を堪能しました。



 翌日の23日は、板橋文夫FIT!+2の演奏会です。渡部さんと一緒にMonkに出かけました。7時半開演の予定でしたが、板橋さんが行方不明?になり、8時過ぎにようやく開演しました。
 数年前に何回か聴いた板橋さんのキチガイじみた演奏が忘れられなくて、行ったのですが、板橋さんのキチガイじみた演奏は何年たっても変わっていませんでした。
 若い綾瀬さん(as)、類家さん(tp)たちも、板橋さんに負けない大音量で、過呼吸症候群になるのではないかと心配になるほどでした。ベースの瀬尾さんはベースの弦が引きちぎれるのではないかと、また、dsの竹村さんもドラムスの皮が破れそうになるほどの強烈な演奏で、その迫力を堪能しました。
 
 難聴が少し進んだ感じです(笑)。

主催者の井谷さんから送られてきた写真です。

板橋文夫
b0052286_7563835.jpg


瀬尾高志
b0052286_757377.jpg


竹村一哲
b0052286_7573397.jpg


類家心平
b0052286_7581964.jpg


綾瀬雅代
b0052286_7585753.jpg


注!! 綾瀬さん、演奏している時の顔は激しい顔ですが、普通の時は若くて可愛い女性です。
by katyan4 | 2016-11-25 08:03 | 音楽会 | Comments(0)

明日、4月9日に松山市民会館中ホールでナサニエル・ローゼンさんの演奏会があります。
b0052286_11574487.jpg


ナサニエル・ローゼンさんは、アメリカ人として唯一のチェロでチャイコフスキーコンクールに優勝した方で、奥さんが日本人ということもあって、松山市に住まわれていたこともあるそうです。

 演奏曲目は有名なバッハの無伴奏チェロ組全曲ですので、非常に楽しみです。
by katyan4 | 2016-04-08 12:01 | 音楽会 | Comments(3)

”KAZE”のライブに行く

昨夜、KAZE の日本ツアーが、松山市三番町 LIVE&Restaurant Bar “Monk”で幕を開けました。
藤井郷子(pf)率いる現時点での最強ユニット ?KAZE (クァルテット) のライブです。
昨年の6月に聴いた、藤井郷子 piano,田村夏樹 trumpetの二人に加え今回は、Chrisutian Pruvost (クリスチャン・プリュヴォ) trumpet (from フランス) とPeter Orins (ピーター・オリンズ) drums (from フランス)の二人を加えた編成です。

昨年6月13日にも藤井さんと田村さんのライブを聴いて、その前衛ぶりにびっくりしたのですが、今回はその二人に負けす劣らずのトランペットのクリスチャン・プリュヴォさんとドラムスのピーター・オリンズさんが多彩な音を聞かせてくれました。

”KAZE"と名づけたグループなのですが、トランペットから本当に”風”の音が吹いていました「笑」

以下はMitchieさんから頂いた、ライブの写真です。
b0052286_15233429.jpg

二つのトランペットの音を至近距離で聴くのは一種の快感です。

b0052286_152443.jpg

ドラムスからこんなに多彩な音が出るとは!!

b0052286_15235692.jpg

b0052286_15234849.jpg

トランペットから風の音が吹いてきます。

b0052286_15234190.jpg

ピアノの鍵盤は叩かなくても演奏ができるのですね。
by katyan4 | 2016-01-24 15:30 | 音楽会 | Comments(0)

黒田映季さんのコンサートの予告は前のこのブログに掲載しました。9月4日(金曜日)に砥部文化会館であります。
黒田映季 with N饗奏者

今日の松山ロータリークラブのゲスト卓話はこの黒田さんでした。
b0052286_15533562.jpg


彼女は、国際ロータリー財団の2009年~2010年奨学生でドイツに留学された方です。松山東高等学校から桐朋学園卒業されています。

今日の卓話は、ユーモアを交えた楽しい話を聞かせていただきました。残念ながらピアノ演奏は有りませんでした。彼女の演奏は4日の演奏会で楽しみましょう。

その時に分かったのですが、4日の演奏会だけでなく、5日にもチャリティコンサートが道後の宝厳寺であるのだそうです。

宝厳寺は一遍上人が生まれたところにありますが、2年前に火事で消失し、現在再建中なのだそうです。再建費用の一部にでもとのことでチャリティコンサートをすることになったようです。

プログラムは4日と一部重複しますが、ほとんどが別の曲なので、自転車を漕いで聴きにゆこうかなと思っています。
b0052286_1693965.jpg

b0052286_1695232.jpg

by katyan4 | 2015-08-25 16:12 | 音楽会 | Comments(5)

黒田映季 with N饗奏者

 松山出身のピアニスト黒田映季さんとN饗の若手奏者の演奏会が9月4日に砥部文化会館ふれあいホールであります。
b0052286_1037273.jpg

b0052286_10374083.jpg


 黒田さんは、松山ロータリークラブの推薦でロータリー財団の奨学生となり、ドイツに留学し研鑽を積まれた方で、とても優秀なピアニストです。ヴァイオリンの丹羽洋輔さんとチェロの宮坂拡志さんはN今日の新進気鋭の若手奏者なので、良い演奏が聴けるのではないかと期待しています。
by katyan4 | 2015-08-05 10:42 | 音楽会 | Comments(0)

井谷さんから案内がありましたので、今日聴きに行ってきました。
b0052286_2235385.jpg


 普通のJAZZだと思って行ったのですが、最初の曲を聴いてびっくりしました。モダンジャズと言うよりも、前衛JAZZとでもいいましょうか、トランペットはつばが飛んでくるのではないかと思われる音など、普通のトランペットでは聞けない多彩な音がしますし、ピアノは鍵盤を弾くこともあるのですが、ピアノの弦を指で鳴らすのは序の口で、マスキングテープや充填材を弦に引っ付けたり、振動する装置を弦に取り付けて持続的な和音を出したり、CDを何枚か弦の上に乗せてハープシコード?のような音を出したり、釣り糸に松脂をつけたもので弦を擦たりして、これもいろいろな音を聞かせてくれました。
 
 なかなか面白い演奏会でしたが、また松山で演奏会があったら、聴きにゆくかな?

珍しい音楽を聴かせていただいたので、記念にCDを1枚買って帰りました。
[#IMAGE|b0052286_22473539.jpg|201506/13/86/|mid|1650|1459#」

6月14日追加

今日、このCDを再生してみました。
なかなか良い音で、トランペットの多彩で張りのある音と、ピアノの複雑で迫力のある音が良く録音されていました。そして、演奏は昨日の演奏とはかなり違い、モダンジャズと言っても良いほどで、その点では期待外れのCDでした(笑)。

昨日の演奏風景を井谷さんからいただきましたので、掲載します。
b0052286_21105363.jpg

b0052286_21111294.jpg

by katyan4 | 2015-06-13 22:48 | 音楽会 | Comments(1)

 昨日の12月21日(日) 南海放送本社1階テルスターホールで「愛媛オールスターズ JAZZ FESTIVAL」が有りましたので、参加してきました。Umekichiさんの音頭で松山、香川、岡山のオーディオ・ファンが10名以上で、会場の後ろの方の丸テーブルを囲んでJAZZを聴きました。

プログラムはこの様に、全部で5時間以上もある盛りだくさんのものでした。
 
b0052286_1703576.jpg


会場の入口のホールには、松山のJAZZ界の大御所である包博史さんの写真展が有り、堤さんが若い頃から撮りためた、有名なJAZZアーチストの写真が沢山展示されていました。
b0052286_1743276.jpg

b0052286_1744666.jpg


午後3時から演奏会が始まりました。南海放送がFM放送(F-nan)を開局した記念ライブで、南海放送の中波放送とFM放送でライブ放送されるのだそうです。

第一部は RNB Special Big Bandの演奏です。愛媛のJAZZ演奏家にトランペットの村田浩さんとクラリネットのAndy Wulfさんが加わったBig Zazzの演奏です。会場に響き渡る大音量は快感でした。

Andy Wulfさんの独奏の場面です。
b0052286_17114261.jpg


南海放送のアナウンサーと堤さんのユーモアあふれるトークも楽しめました。
b0052286_17134668.jpg


第2部は栗田敬子~えひめジャズネットワークの演奏です。

栗田敬子さんとアナウンサーのトーク
b0052286_17165058.jpg


栗田敬子Pf&vo トリオの演奏 高橋直樹(b) 久保哲也(drums)
b0052286_17192823.jpg


ジャズパラダイス 山本慎二(drums)渡辺綱幸(b)栗田敬子、柳原知恵、玉貫真比古(p)青木俊憲(guit)+松本さゆり(vo)
b0052286_17235232.jpg


J-Bee 小林茂男(drums)藤田真由美(pf)渡辺綱幸(b)+宮崎利文
b0052286_17241789.jpg


レディバード 栗田敬子(pf)渡邉美砂(as)酒井麻衣子(vn)いおきまさみ(drums)二宮茜音(b)小田瞳(vo)
b0052286_1731923.jpg


第3部は 伊賀上ひろしトリオ+ムーングロウシンガーズ

伊賀上ひろし(pf)、ジャコ木村龍彦(b),櫻井康雄(drums)
b0052286_17374819.jpg


ジャコ木村龍彦さんがエレキベースに持ち替えての独奏
b0052286_17382979.jpg


ムーングロウ・シンガーズ ヴォーカルは坂東李史子、水木理沙、あずさ、石黒明美
b0052286_17505039.jpg

b0052286_1751988.jpg

b0052286_17512714.jpg

b0052286_1751465.jpg


第4部は赤松敏弘meets渡部由紀トリオ

赤松敏弘(vib),渡部由紀(pf),吉岡英雄(b),河北洋平(drums)
b0052286_17562144.jpg


第5部は堤宏文&ストレートフラッシュ・スペシャルBand

これまでの演奏者から選抜したメンバーによるビッグバンドの演奏です。
b0052286_1759204.jpg


演奏も素晴らしく、ピークレベル105dbの大音量でストレス発散です。

この演奏のスペクトラムアナライザーです。(下の画像をクリックすると動画が見れます)
b0052286_20331888.jpg


おまけの第6部は、いろいろ選抜したメンバーによる小編成の演奏が続きます。
b0052286_20355098.jpg

b0052286_2036696.jpg

b0052286_20362043.jpg


終わったのは予定時間オーバーの午後8時20分でした。
最後まで体力が持つかと心配でしたが、最後まで楽しく聴きことができました。
ホール一杯の観客でしたが、ほとんどが中高年で平均年齢は60台後半の感じで、今の若い人はあまりジャズには興味がないようですね。

終わり

おまけでプログラムです。
b0052286_20482027.jpg

by katyan4 | 2014-12-22 18:01 | 音楽会 | Comments(2)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30