CDもたくさん貯まると置くところがなくなり、PCにリッピングした後、一部を残してダンボールに詰め込んで物置に収納していました。 
 最近、KuniさんがCDをソフトケースに入れ替えれば、収納スペースが少なくなるとMixiで発言されていましたの、それを真似することにしました。
 ソフトケースに入れ替えるだけでなく、引き出し式のCDケースを利用すれば3000枚くらいはリスニングルーム内に収納できそうです。
 iTunesにリッピングしたアルバムの数が3989枚と表示されていましたので、多分3000枚くらいのCDが残っていると考えたわけです。
b0052286_20165887.jpg
先ずはCD収納BOXダンボール製とサンコープラスチック 小物収納 ブリオ CDワイド を購入してそれを収納する棚を制作することとしました。
b0052286_20352443.jpg

b0052286_20361705.jpg
ディックでパイン集積材30×184×1.8cmと40×184×1.8cmの板を裁断して頂いて、CDケースを収納する枠を接着剤とボルトで計6個製作しました
b0052286_20023791.jpg
 それぞれの枠は上下左右をボルトで固定しました。私が上に載ってもびくともしないしっかりした棚が出来上がりました。
 試験的に予定の半数購入していたCDボックスですが、ダンボール製のものは中にCDをギッシリと詰め込むと強度的に弱い感じですし、サンコープラスティックCDワイドは中の仕切りが縦に1枚しかなく分類して収納するのには不向きでしたので、同じサンコープラスティック製の1列収納のケースと、伊勢藤CDボックスを使用することにしました。


b0052286_20360912.jpg
b0052286_20362393.jpg
収納棚に収納ケースを格納したところです。
b0052286_20030378.jpg


b0052286_20025759.jpg
ソフトケースはタワーレコードの1枚収納用と2枚収納用のものを使用しました。
b0052286_20360056.jpg
ソフトケースに入れ替えたCDは結局約1300枚程度でした。あとはBOX、3枚組以上の物、人に譲った物、借りてきてリッピングした物などでした。
 空のCDケースが大きなダンボールに4個出来ました。どの様に始末するかが一番の問題点です。
b0052286_20575479.jpg


by katyan4 | 2018-04-26 21:02 | 装置・その他 | Comments(0)

今まで、AMTPRO-4を複数個使用して、半円状に配置したり、縦に6個配置したりしたのは、ハイ上がりの特性が複数個使用することによって解決するのではないかと思ったからです。

軸上50cmの特性です。
b0052286_15110251.jpg
視聴位置ではこのような特性になります。
b0052286_15130474.jpg
使用ユニットを1個にして、アキュフェーズの高級分割フィルターアンプを、安物のベーリンガーのDCX-2496 PROに変更し、そのEQ機能を使用することにしました。

EQで特性を補正しますと。
b0052286_15171646.jpg
DCX-2496 PROを2台使用し,真空管AMPで5wayマルチアンプ方式で設定してみました。

全域の特性です。
b0052286_15204116.jpg
全域歪特性です。
b0052286_15214703.jpg

中高域(AMTPRO-4)は845シングル真空管アンプを使用してありますので、2次高調波歪が多くなっています。聞こえにくくなった高域を2次高調波歪で錯覚させる作戦です。

この様な風景になりました。
b0052286_15252139.jpg
今までになくバイオリンの音が綺麗にひずみ少なく聴こえます。
まずは成功!!

AMTPRO-4が10個余りました。どなたか要りませんか?

by katyan4 | 2018-04-15 15:32 | 装置・スピーカー | Comments(5)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30