4月30日は、脇町から赤穂までHさんと一緒にドライブです。高速道路はHさんに運転をお願いしましたので、予定の集合時間通りにK氏邸に到着しました。
 リスニングルームに入ると、184インチの大スクリーンに花火が炸裂していました。花火を打ち上げる時と炸裂する時の音は実際の花火に近い迫力でした。

 花火が終わり、部屋の照明が付いてリスニングルームを眺めてみますと、昨日のH氏邸のそれより少し小さめではありますが、天井もとても高く十分に広いはずなのですが、大きなスピーカーが3方に設置してあり、AMPやその他の機材が所狭しと設置してあり。あまり広く感じないほどでした。

まず、WE13Aホーンの復刻版の巨大なホーンが目につきました。
b0052286_22544263.jpeg



ドライバーは、ロンドンウエスタン30150。ホーンの中にはJBLのドライバー175に木製の円形ホーンが置いてあり、2wayです。

b0052286_22542690.jpeg





スクリーンの裏側には、ヴァイタボックスのこれまた巨大な

スピーカーが置いてありました。

b0052286_22545096.jpeg



大きな中音ホーンです。

b0052286_22542263.jpeg



中高音と高音のドライバーは低音ホーンの前に

b0052286_22541540.jpeg




後方にはBOSEのCANON砲が2門。花火の重低音はこれの

効果のようです。
b0052286_22541982.jpeg





反対側にはこれまた巨大なアルテックA4が設置してありま

した。

b0052286_22544603.jpeg


LPプレーヤーは放送局用やガラードが4台も置いてありま

す。


b0052286_22543113.jpeg



b0052286_22543807.jpeg



プリアンプは伝説のリークと最近購入された是枝式プリアン

プFascination-LLAAとマッキントッシュです。Fascination

-LLAAはステンレスのブロックを削っての外装としたものだ

そうで、鏡のような表面です。



b0052286_23274889.jpeg


 WE13Aホーンにはウーファーは付いていないのですが、名盤との定評のあるシュタルケルの演奏でKODALYの無伴奏チェロソナタを聞きましたが、ウーファーの必要性を全然感じませんでした。また古いJAZZのレコードをガラードの小さなプレーヤーで聞きましたが、これまた歯切れの良い爽快な音が出てくるのに感心しました。
 三つのスピーカーシステムを次々と聴いているうちに時間がたち、OFF会終了の時間となりました。

 お別れの前に記念撮影をしました。

b0052286_22541131.jpeg


Hさんと一緒に四国を目指しましたが、途中休憩をした与島で綺麗な夕日を見ました。

b0052286_22540742.jpeg




b0052286_22540226.jpeg


b0052286_22535929.jpeg


b0052286_22535424.jpeg


b0052286_22533771.jpeg



連休のOFF会はこれで終了です。








by katyan4 | 2018-05-03 11:51 | オタクのオタク訪問 | Comments(2)


H氏邸でのOFF会終了後、すぐ近くにある「うだつ」の町並みを皆さんで歩きました。愛媛県にも内子町の「明治の町並み」や大洲市の「明治の家並み」とかありますが、それらとはまた違った趣がありました。


b0052286_11253464.jpeg

b0052286_11253080.jpeg

b0052286_11254043.jpeg


吉野川沿いを散策しました。


b0052286_11255056.jpeg


OFF会のメンバーで記念撮影

b0052286_11254511.jpeg



日活の古い映画にも出てきた映画館が有りました。


b0052286_11260339.jpeg


脇町ロータリークラブの創立45周年記念碑です。


b0052286_11255465.jpeg


夕食を「地鶏処隠れ枡」で取ったあと、私一人だけで、宿泊は「ぜにや」


b0052286_11264924.jpeg

古い旅館をリニューアルした純日本風の旅館です。


b0052286_11270712.jpeg

b0052286_11273032.jpeg


古い木組みが残っています。

b0052286_11280783.jpeg


部屋も純日本風、WiFiは繋がりますが、テレビは置いてありません。

b0052286_11280348.jpeg


b0052286_11280179.jpeg


夜の「うだつの街並みも風情があるとのことで、出かけました。


b0052286_11262093.jpeg


b0052286_11262521.jpeg


b0052286_11262947.jpeg


b0052286_12003080.jpeg


b0052286_11582665.jpeg


小さな子供さんが、喜んで、ポンプで水を出していました。

b0052286_11261393.jpeg


b0052286_11260833.jpeg


写真をとり忘れましたが、新しい広々としたお風呂は、窓を開けると露天風呂風。鳥おどしの音が、「コーン・・・コーン」と響いてよい風情でした。

翌日の朝食はもちろん純和食で


b0052286_12060798.jpeg

純和食といっても、コーヒーの入れたてが飲めます。

周りに置いてあった、色々なオブジェ

b0052286_11282524.jpeg

b0052286_11281978.jpeg

ご主人の90歳になるお母様が、ボケ防止に折られた「爪楊枝いれ」

b0052286_11281585.jpeg


b0052286_11284005.jpeg


b0052286_12092838.jpeg



藍染めの糸と和紙で作った壁紙


b0052286_12095421.jpeg


久しぶりに、畳に敷いた布団で寝ました。






by katyan4 | 2018-05-02 12:17 | オタクのオタク訪問 | Comments(0)

 4月29日よ30日は、大阪のNさんの手配で、徳島のHさんと赤穂のKさんのお宅をおたく訪問して来ました。お二人ともお医者さんなので、同業者の私にお声が掛かったのだと思います。
 
 Hさんのおたく訪問の前に、蕎麦で昼食です。
b0052286_11321677.jpeg


b0052286_11321241.jpeg
 100%蕎麦の10割蕎麦を食べさせてくれるお蕎麦屋さんです。ご主人の説明によると、蕎麦を割って蕎麦の皮を取り除き、石臼で引いた後非常に細かいふるいに掛けると、蕎麦の実の成分と蕎麦の芽の成分に分かれるそうです。蕎麦の芽の成分が混じっていると、練ってもまとまらないのでつなぎを入れる必要が有るのだそうで、蕎麦の実だけで練ると纏まって、蕎麦の芽は打ち粉として使えば10割蕎麦が出来るのだそうです。
 食べてみますと香りの良い細くて長い腰のある美味しい蕎麦でした。

昼食後、Hさんのリスニングルームに入ってみますと、そこは今まで見た中で、一番広くて天井の高いリスニングルームでした。周りの壁は、木製の円柱を組み合わせた吸音材(拡散材)が張り詰めてあります。
b0052286_11325827.jpeg


b0052286_11323585.jpeg

b0052286_11323806.jpeg

b0052286_11324276.jpeg

b0052286_11325143.jpeg

b0052286_11325034.jpeg


b0052286_13130365.jpeg

 使われている機材はどれも定評のある機材ばかりなのですが、それよりも音に対する気配りが凄いのです。壁にある電源コンセントは+と-とアースが別々で太い3本のコードでアキュフェーズのクリーン電源装置(数台)に接続されています。ラインケーブル、スピーカーケーブルも、とても太いものを使われていました。
CD再生時には、特別なCD洗浄剤でクリーンにされ、消磁をし、トレイに薄い金属板が貼られたプレーヤーで再生していただきました。少しでも音が良くなる可能性のあるところは全て手を掛けてておられ、その音は、とても美しく、最大音量でも煩い感じのしない素晴らしい音でした。
 部屋のリスニングポジションに1個だけ置かれた椅子に腰をかけられて、真剣に音楽を聴かれているHさんを想像すると、’音の求道者’と表現したくなりました。

ソファーに自堕落に寝そべって、ウツラウツラしながら音楽を聴いている私とは大違い?

 










by katyan4 | 2018-05-01 12:31 | オタクのオタク訪問 | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31